HTML5に対応、リッチコンテンツ作成機能も搭載したWeb制作ソフト「BiND for WebLiFE* 4」

ニュース

HTML5に対応、リッチコンテンツ作成機能も搭載したWeb制作ソフト「BiND for WebLiFE* 4」


HTML5に対応、リッチコンテンツ作成機能も搭載したWeb制作ソフト「BiND for WebLiFE* 4」

(株)デジタルステージは、Web標準に準拠したサイトが制作できるソフトウエアの最新版「BiND for WebLiFE* 4」を9月17日に発売すると発表した。価格はスタンダード版が1万9800円、プロフェッショナル版(ビジネス・パス付き)が2万8800円となっている。

同製品はデザインやサイト構成が組み込まれたテンプレートを用いることで、専門知識がなくてもWeb標準に準拠したデザイン性の高いサイトが作成できるWeb制作ソフトだ。本バージョンではHTML5に対応したほか、専用サーバ「BiNDサーバー」に専用のショッピングカート「BiNDカート」を搭載。同ソフトで作成したサイトに組み込むことで、本格的なECサイトの運営が可能となる。

また、Flashのようなリッチコンテンツが簡単に作成できる「SHiFT」も用意された。jQueryを使うことで複数の動画をクロスフェードしながら表示させたり、動的なページナビゲーションを作成するといったことができる。

対応OSはWindows 7/Vista SP2(32ビット版のみ)/XP SP3(32ビット版のみ)。なお、8月4日から12月31日までに前バージョンとなる「BiND for WebLiFE* 3」を購入・登録したユーザーが無償でバージョンアップできる無料アップグレードキャンペーンも実施している。


BiND for WebLiFE* 4 スタンダード版
BiND for WebLiFE* 4 スタンダード版
サイトシアター画面
サイトシアター画面
サイトエディター画面
サイトエディター画面
SHiFT for WebLiFE*画面
SHiFT for WebLiFE*画面
テーブルパーツ・エディタ画面
テーブルパーツ・エディタ画面


(株)デジタルステージ
URL:http://www.digitalstage.jp/bind/
http://www.digitalstage.jp/press/release/100804.html
http://www.digitalstage.jp/bind/upgrade/

2010/08/04
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース