挿絵本から知るフランス文学の魅力

ニュース

挿絵本から知るフランス文学の魅力


挿絵本から知るフランス文学の魅力


■期間:
2011年9月2日(金)~12月25日(日)

■開催場所:
ベルナール・ビュフェ美術館
静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1

■内容:
「木を植えた男」の原作者として知られる小説家ジャン・ジオノと、彼に影響を受けた画家ベルナール・ビュフェとの交流を紹介する企画展。2人の友情の証である「純粋の探求」をはじめ、「声」「植物誌図集」などビュフェによる挿画本を展示する。


■問い合わせ先:
ベルナール・ビュフェ美術館
url. http://www.buffet-museum.jp/


▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース