東京の地下鉄143駅で訪日外国人向け無料Wi-Fiサービス開始

ニュース

東京の地下鉄143駅で訪日外国人向け無料Wi-Fiサービス開始


東京の地下鉄143駅で訪日外国人向け無料Wi-Fiサービス開始

無料Wi-Fiサービスを利用可能な駅に掲示されるポスター
無料Wi-Fiサービスを利用可能な駅に掲示されるポスター

東京都交通局および東京地下鉄株式会社(東京メトロ)は、東京の地下鉄駅において無料のWi-Fiサービスを12月1日に提供開始すると発表した。

同サービスは、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を見据えて訪日外国人向けに提供するもので、東京の地下鉄駅のうち、多くの訪日外国人の利用が見込まれる143駅において提供する。同サービスを利用可能な駅にはポスターを掲示する。利用時間は1回につき3時間で、回数制限はない。SSID名称は都営地下鉄の駅の場合は「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」、東京メトロの駅の場合は「Metro_Free_Wi-Fi」。

同時に、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社が提供するiOS/Android向け認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」にも参画する。同アプリを利用することにより、一度アプリの利用登録を行えば、都営地下鉄と東京メトロ、すでにサービス提供中の都営バスを乗り継いでも、手軽な操作で無料Wi-Fiを利用することが可能となる。

発表資料
URL:http://www.tokyometro.jp/news/2014/615.html
2014/11/26



▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース