キヤノン、ISO感度400万相当の超高感度多目的カメラ「ME20F-SH」を発売

ニュース

キヤノン、ISO感度400万相当の超高感度多目的カメラ「ME20F-SH」を発売


キヤノン、ISO感度400万相当の超高感度多目的カメラ「ME20F-SH」を発売

ME20F-SH
ME20F-SH



キヤノン株式会社とキヤノンマーケティングジャパン株式会社は、超高感度撮影が可能な多目的カメラの初号機「ME20F-SH」を12月上旬に発売すると発表した。価格は300万円(税別)。

同製品は、暗闇でのカラー動画撮影を可能にする超高感度の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載した多目的カメラで、最低被写体照度0.0005lux以下(最大ゲイン75dB時、ISO感度400万相当)の超高感度と低ノイズを両立している。これにより、人工照明や月明かりのない暗闇でも、星明かりなどの非常にわずかな光源だけで被写体を認識できる。

同社の一眼レフカメラや映像制作機器と同様にEFマウントを採用しており、EFレンズを使用可能。外部レコーダーやモニターへの出力を可能にする3G / HD-SDI端子・HDMI端子や、リモコンでの遠隔操作を可能にするリモート端子など、動画撮影で標準的に使用される各種インターフェースにも対応している。

サイズは102×116×113mm、重量は約1.1kg。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース