アップル「WWDC 2016」の直前予想!噂の全部を分析

ニュース

アップル「WWDC 2016」の直前予想!噂の全部を分析


アップル「WWDC 2016」の直前予想!噂の全部を分析

2016年6月13日
TEXT:小川 浩(シリアルアントレプレナー)


Appleの開発者向けカンファレンスWWDC(World Wide Developers Conference)は日本時間 6月14日に開催される予定だ。今回はソフトウェアに重点を置くというのがテーマであり、ハードウェアの発表はないとみられる。

目玉として噂にのぼっているのは、iOSのメジャーアップグレード(iOS10)と、音声UIのSiriのSDK発表、つまり外部のデベロッパーへの開発環境の開放だ。同時にMac OS Xのアップグレードもある可能性があるが、その中身より、オーエステン、という響きがiOSとMac OSで被ってしまうため、長らく続いたMac OS Xという名称が改められて”Mac OS”と簡潔化されるのではないかという見方に注目が集まっている。

僕がみるに、Appleはハードウェアにおいてネーミングの混乱、ブランディングのカオスにある。iPhone 6S/6S PlusにiPhone SE、どっちが上位識種なのかわからないし、iPad miniとiPad Air、どっちが軽いかわからない。僕がブランドマネージャーなら担当者をクビにするレベルだ。

ネーミングだけで売上が左右されるのかと不審に思われるかもしれないが、店舗で混乱する客に説明をする時間を年間で総計してみればどれだけのロスかわかるだろう。ECにおいて商品を選び決済に繋げるまで商品ごとに10秒違うとしたら? と考えたらもっとわかりやすいかもしれない。

ソフトウェアにおいても、Mac OSとiOS、そしてApple TV用のtvOSと、AppleのOSはデバイスごとに分立しつつあるうえ、機能は徐々に近づいている。なるべくブランドをわかりやすくしていくのは重要なことである。

さて、上記で述べたようにAppleのOSは3つあるが、それらの使い勝手は徐々に接近している。特に注目されているのは、すべてのOSで、音声UIであるSiriが使えるようになるか、である。Mac OSがSiriを使えるようになる、というのは一般的に共通した見方だが、より戦略的に重要なのはApple TVで使えるようになるかどうか(すなわちtvOSがSiriをサポートするかどうか)だろう。

WWDC 2016
WWDC 2016

僕は「Amazon Echoのライバルとなるか? 声で家電を操作するGoogle Homeの可能性」で、『(視線、脳波の動き、音声、指による直接操作、ジェスチャーなどによるNUI=ナチュラルユーザーインターフェイスにおいて)Appleはそのパイオニアだが、家庭内での製品化においてはAmazonが先行し、いまGoogleが追走している状態』と書いた。

世界のコンピューティングをリードするMAGFA(Microsofot、Apple、Google、Facebook、Amazon)は間違いなく家庭(家の中)と自動車の中でのコンピューティングを次の最大市場と考えており、今のままではAppleは少なくともAmazonとGoogleに遅れをとってしまう。音声はNUIの中でも、指による操作についで実現される有望なUIであり、その利用は閉じられた空間の中でこそ威力を発揮する。すなわち、家の中と自動車の中だ。

この市場を取るためにも、AppleとしてはMacとApple TVにSiriを「存在」させねばならない。もしこのタイミングで発表されなかったとしたら、ティム・クックはあまりにビジネスをわかっていないということになる。流石に「それはないだろう」というのが僕の予想であるが、その答えはこのあと明らかになる。


■著者の最近の記事
マイクロインフルエンサーに右往左往するソーシャルメディアマーケティングの実態
歌でつながるSNS nanaの台頭、市場が発するモスキート音を聞き分けろ!
Amazon Echoのライバルとなるか? 声で家電を操作するGoogle Homeの可能性
iPhone SEが象徴するAppleの弱体化の兆し
Kindle Oasis、よくできた端末だがそれ以上でもそれ以下でもない


小川浩氏近影

[筆者プロフィール]
おがわ・ひろ●シリアルアントレプレナー。著書に『ビジネスブログブック』シリーズ(毎日コミュニケーションズ)、『Web2.0BOOK』(インプレス)、『仕事で使える!「Twitter」超入門』(青春出版社)、『ソーシャルメディアマーケティング』(ソフトバンククリエイティブ/共著)などがある。
twitter:http://www.twitter.com/ogawakazuhiro
facebook:http://www.facebook.com/ogawakazuhiro

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース