チームラボが茨城県北芸術祭「KENPOKU ART 2016」で新作などを鑑賞できる特別展示を実施

ニュース

チームラボが茨城県北芸術祭「KENPOKU ART 2016」で新作などを鑑賞できる特別展示を実施


「小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々」 teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless

「小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々」
teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless

2016年9月17日(土)より、茨城県北6市町を舞台にした65日間にわたる芸術祭「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」が開始された。「海か、山か、芸術か?」をテーマとし、茨城県北の地域資源が持つ潜在的な魅力を、アートの力を介して引き出すことを目的としたイベント。多数の著名アーティストが作品を公開し、やくしまるえつこさんがバイオテクノロジーを駆使した公式テーマソング「わたしは人類」を制作したことでも注目されている。この芸術祭に、“ウルトラテクノロジスト集団”のチームラボも参加。茨城県天心記念五浦美術館にて、特別展示「チームラボ 小さき無限に咲く花の、かそけき今を思うなりけり」を開催する。
チームラボによる特別展示は、9月17日(土)〜11月20日(日)まで開催。新作を含む複数のデジタルアート作品が展示される。新作の「小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々」は、茶を点てると茶碗の中に“花”が咲いていく作品だ。コンピュータプログラムによってリアルタイムに描かれる“花”は、茶碗が静止していると生まれ続け、茶碗を持ち上げて動かしたりすると一斉に散っていくインタラクティブな仕組み。茶を飲み干すとともに消える風流な作品となっている。会期中無休で、開館時間は9:00〜17:00(入場は閉館30分前まで / 初日は12:30開館)。一般1000円 / 学生および65歳以上700円 / 中学生以下無料の個別鑑賞券を購入するか、「KENPOKU ART 2016」の作品鑑賞パスポートの提示で入場できる。
■期間:
2016年9月17日(土)~11月20日(日)

■開催場所:
茨城県天心記念五浦美術館
茨城県北茨城市大津町椿2083

■問い合わせ先:
茨城県北芸術祭実行委員会 / チームラボ株式会社
url. http://kenpoku-art.jp/
url. http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/
url. http://www.team-lab.net/jp/
2016-09-17
2016-11-20
event

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース