LINEとGoogleカレンダーを連携できるスケジュール調整用パーソナルアシスタントが提供開始

ニュース

LINEとGoogleカレンダーを連携できるスケジュール調整用パーソナルアシスタントが提供開始


bot for cal

bot for cal

株式会社INJUSは、チャットbotを使ったスケジュール調整用パーソナルアシスタントサービス「bot for cal」の一般リリースを開始した。
同サービスは、「LINE」と「Googleカレンダー」を連携し、スケジュール調整の応対と登録までをチャットbotが自動化するサービス。独自のユーザーインターフェイス「ヒマ・アポスイッチ」を採用しており、LINEのタイムライン上で「ヒマ」と送ると、ユーザーのGoogleカレンダーのスケジュールをもとに、直近3候補の空き日時が提示される。これにより、「空き日時」の確認で数ラリーを費やすフローが改善され、時間を有効活用できる。

予定を入れる場合は「アポ」と送ると、BOTが場所や名前、会社名、連絡先などをヒアリングして、必要事項を回答するとカレンダーに反映される。やり取りした内容を転載する必要がなく、双方のアドレスに確認のメールも送るため、行き違う心配もない。

利用料は月額980円で、サービス提供から30日間は「お試し会員」として無料で試用できる。
株式会社INJUS
URL:http://injus.co.jp/bot/
2016/10/11

▷こんな記事も読まれています

Recommended by
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース