駅すぱあとが終電検索に特化した「酔っ払いモード」搭載、忘年会シーズンに合わせて

ニュース

駅すぱあとが終電検索に特化した「酔っ払いモード」搭載、忘年会シーズンに合わせて


「酔っ払いモード」イメージ

「酔っ払いモード」イメージ

株式会社ヴァル研究所は29日、同社が運営する乗り換え案内サービス「駅すぱあと」で、新機能「酔っ払いモード」の提供を開始したと発表した。

 

本サービスは、忘年会シーズンに合わせてワンタップで現在地から自宅への最終経路と時間(終電)を確認できる新機能。位置情報をオンにしておけば、「酔っ払いモード」で簡単に現在位置からの終電情報(利用路線・行き先・発車時刻・終電までの残り時間)などが表示される。

「酔っ払いモード」

「酔っ払いモード」

また、終電の30分前などの時刻を指定しておけば終電を知らせる通知機能など、今後も機能拡張する予定。

 

なお、本機能は月額216円(税込)のプレミアムコースのユーザーが利用できる。また、auスマートパス会員は「駅すぱあと」「酔っ払いモード」共に無料で利用できる。

 

「酔っ払いモード」

URL:http://ad-info.val.jp/lp/yopparaimode/

2016/11/29

 

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース