iPhone6sのシャットダウン問題、Appleが公式で対象端末判定ページを公開

ニュース

iPhone6sのシャットダウン問題、Appleが公式で対象端末判定ページを公開


iPhone6s

iPhone6s

Appleは、公式サイトにiPhone6sのシャットダウン問題に対するページを公開し、対象のiPhone6sをシリアル番号から特定できるサービスを開始している。

 

「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」というタイトルで公開されたページでは、特定のiPhone6s(2015年9月から10月に製造)のバッテリーに不具合があるため、ユーザーが自分のiPhone6sのシリアル番号を入力すれば、対象製品かどうか判別できる。

特設ページ

特設ページ

対象製品だった場合は、バッテリーが無償で交換される。また、すでに有償で交換済みの場合は、返金について相談に応じるとしている。

 

なお、本件の原因については、製造時にバッテリーが長時間空気に露出していたためと、同社の中国の公式サイトで発表された。

 

Apple製品に関しては、MacBook Proが仕様よりもバッテリーがもたないという指摘や、iOS 10.1.1へのアップデートで電源オフになる問題など、バッテリー・電源関連でのトラブルが指摘されている。iPhone6sだけでなく、他の製品にも対処が望まれる。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース