カシオのアウトドア用スマートウォッチ第2弾「WSD-F20」が4月21日に発売決定

ニュース

カシオのアウトドア用スマートウォッチ第2弾「WSD-F20」が4月21日に発売決定


「WSD-F20」

「WSD-F20」

カシオ計算機株式会社は5日、防水性と堅牢な耐環境性能を備え、アウトドアシーンで活躍するスマートウォッチ「WSD-F20」を、4月21日から発売すると発表した。メーカー希望小売価格は5万1000円(税別)でカラーはオレンジとブラックの2色。

 

本製品は、カシオ初のスマートウォッチシリーズ「Smart Outdoor Watch」の第2弾。2016年3月発売の初代「WSD-F10」が高い人気を博したため、1年を待たずに2代目の登場となった。

 

「WSD-F20」は、OSにAndroid Wear 2.0を採用、低消費電力GPSとオフラインで使えるカラー地図を備え、スマートウォッチ単独での使い勝手を向上している。特にオフライン機能が強化されていて、多彩な表現が特徴のMapbox社の地図データを事前にダウンロードしておけば、オフラインでもGPSを使って現在位置の情報が掴める。

 

また、「ロケーションメモリー」アプリを使えば、地図上に文字やマーカーでメモを残すことも可能。ほかにも、「アクティビティ」アプリでは、地図上で行動の軌跡を見ることもできる。

「ロケーションメモリー」で地図上にマークを記録

「ロケーションメモリー」で地図上にマークを記録

「アクティビティ」アプリで行動の軌跡を表示

「アクティビティ」アプリで行動の軌跡を表示

デザイン面では、ボタンガード、保護ベゼル、大小3つのサイドボタンなどを採用し、操作性・堅牢性をさらに向上している。

 

本体サイズは約61.7×57.7×15.3mm、重量は約92g(バンド含む)、5気圧防水、1.32インチ2層構造ディスプレイ(カラーTFT液晶+モノクロ液晶、カラー 320×300 ピクセル)、Bluetooth4.1・Wi-Fi、充電時間2時間(常温時)、電池寿命は通常使用で約1日以上(時計のみでは約1ヶ月以上)。

▷こんな記事も読まれています

Recommended by
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース