ホンダ、スタンド無しで自立する2輪バイク開発。ASIMOで培った技術を応用

ニュース

ホンダ、スタンド無しで自立する2輪バイク開発。ASIMOで培った技術を応用


「Honda Riding Assist」

「Honda Riding Assist」

本田技研工業株式会社(ホンダ)は6日、米国ネバダ州ラスベガス市で開催されている世界最大の家電見本市「CES2017」において、人工知能(AI)、ビッグデータ、ロボティクス技術を活用したオープンイノベーションを加速させると発表した。

 

出展された2輪バイク「Honda Riding Assist」には、ASIMOなどのヒューマノイドロボット研究で培ったHonda独自のバランス制御技術を応用。スタンド無しの状態で、ライダーが乗車していなくても自立が可能になっている。

 

ライダー乗車時にも、バランスを崩した際はバイクが自動でバランスを保ち、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減するという。

ASIMO

ASIMO

公開された動画「Honda Riding Assist」では、スタッフが両手を離して乗っても前輪などでバランスをとって自立する様子が見られる。また、フロント部分にタッチして起動すると、犬の散歩のようにスタッフの後をバイクだけで自動で追尾する機能も公開されている。

動画より

動画より

今回の出展ではほかにも、AI技術「感情エンジン」を搭載した「Honda NeuV(ニューヴィー)」も公開。ライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断して安全運転のサポートをしたり、ライフスタイルや嗜好を学習して、選択肢の提案を行うとしている。

「Honda NeuV(ニューヴィー)」

「Honda NeuV(ニューヴィー)」

発表資料

URL:http://www.honda.co.jp/news/2017/c170106.html

2017/01/06

 

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース