ソフトバンク、Thuraya製の衛星携帯電話「SoftBank 501TH」を発売

ニュース

ソフトバンク、Thuraya製の衛星携帯電話「SoftBank 501TH」を発売


SoftBank 501TH

SoftBank 501TH

ソフトバンク株式会社は、Thuraya Telecommunications Company製の衛星携帯電話「SoftBank 501TH」を1月16日に発売すると発表した。
同製品は、サイズが53(幅)×128(高さ)×27(厚さ)mm、重量が212gのコンパクトな衛星携帯電話。防水・防塵(IP55)に対応するとともに、耐衝撃性能(IK05)も備えている。さらに、緊急時に指定した宛先への電話発信やSMS送信が可能なSOSボタンやボリュームボタン、スピーカーホンなどの機能も備えている。

連続通話時間は約9時間、連続待受時間は約100時間で、Thuraya Telecommunications Companyが提供する衛星通信設備を利用することにより、一般の携帯電話では圏外となるような場所でも衛星回線を介して通信できる。また、警察や消防・救急、海上保安庁など緊急機関への発信も可能だ。国番号なしでも発信できるほか、メニュー画面や電話帳登録、SMS作成も日本語に対応している。
ソフトバンク株式会社
URL:http://www.softbank.jp/mobile/products/list/501th/
2017/01/10

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース