キングジム、液晶の上のデッドスペースを有効活用できる「ディスプレイボード」に新サイズと新色を追加

ニュース

キングジム、液晶の上のデッドスペースを有効活用できる「ディスプレイボード」に新サイズと新色を追加


横幅200mの新サイズが採用された「ディスプレイボード DB-200(黒)」使用イメージ

横幅200mの新サイズが採用された「ディスプレイボード DB-200(黒)」使用イメージ

株式会社キングジムは、液晶ディスプレイの上に設置して小物や文房具などを置ける「ディスプレイボード」に新モデルを追加。2017年1月27日(金)より販売が開始される。これまでは黒色のモデルのみが発売されていたが、新たに白色のモデルをラインナップ。さらに従来品とは横幅が異なるコンパクトな製品も発売される。
「ディスプレイボード」は、液晶ディスプレイの上方のデッドスペースを小物置き場として有効活用できるアイテムだ。本体を液晶ディスプレイの縁に引っ掛けて、付属のアームで支えるだけで設置でき、ドライバーなどの工具を必要とせずに取り付けが可能。既に販売されている「DB-500」の白色モデルが新たに登場し、デスクの雰囲気に合わせて好みの色を選べるようになった。
「DB-500」は約500(幅)×38(高さ)×168(奥行)mmで、耐荷重1kgが実現されている製品だが、この幅が約200mmにコンパクト化された「DB-200」も新登場。「DB-200」にも白と黒のモデルが用意されており、耐荷重は500gの仕様となっている。価格は「DB-500」白色モデルが3500円(税抜)で、「DB-200」が各1900円(税抜)。
株式会社キングジム お客様相談室
問い合わせ:0120-79-8107
価格:
「DB-500」各3500円(税抜)
「DB-200」各1900円(税抜)
URL:http://www.kingjim.co.jp/
2017/01/11

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース