サンワサプライ、LANケーブルの結線状態を素早く確認できる「LANテスター」を発売

ニュース

サンワサプライ、LANケーブルの結線状態を素早く確認できる「LANテスター」を発売


サンワサプライ株式会社は4月20日、同社が運営する直販サイト「サンワダイレクト」において、LANケーブルの結線状態を確認できるテスター「500-LANTST1」を発売すると発表した。販売価格は1463円(税抜)。対応ケーブルは、 LANケーブル(UTP/STP、 RJ-45コネクタ)と電話線などに利用されるモジュラーケーブル(RJ-11コネクタ)の2種類だ。

本製品は、親機と子機にそれぞれケーブルの両端を差し込むことで、導通・断線・結線ミス、STPケーブルのグランドの有無を確認することができる。ケーブルの結線状態は順番に点灯するLEDランプで表示され、8つの芯線を素早くチェックすることが可能だ。

 

親機と子機は分離できるようになっているため、敷設済みケーブルのチェックにも便利だ。ケーブルの両端が離れた場所にあるなど、早いスピードでの視認が難しいケースのためにスローモードが搭載されており、ゆっくりしたスピードで確実なチェックを行うこともできる。またLEDライト内臓で、暗所での作業にも配慮がなされている。

サンワサプライ株式会社

LANテスター「500-LANTST1」
価格:1463円(税抜)
URL: http://sanwa.jp/pr/500-LANTST1

2017/04/21

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース