絵とき印象派 美術展が10倍楽しくなる名画鑑賞ガイド

ニュース

まったく知らない人にもやさしい内容!

絵とき印象派 美術展が10倍楽しくなる名画鑑賞ガイド


株式会社エムディエヌコーポレーションは、デザイン史、日本美術に続く「絵とき」シリーズの第3弾で、まったく知らない人でも絵画のことがよくわかる「絵とき印象派 美術展が10倍楽しくなる名画鑑賞ガイド」を5月23日に発売した。A5判/128P/オールカラー/1600円(税抜)。
本書は、日本人の中でも人気の高い西洋美術の「印象派」について、やさしく解説した美術鑑賞ガイドである。「印象派って何?」「興味はあるけれどまったく知識がない」といった方々にも、気軽に西洋絵画の世界へ足を踏み入れられるよう、名画誕生のエピソードや見どころを紹介している。

またこの本のユニークなところは、キャラクター化した錚々たる印象派の画家たちによる解説だ。絵を描いた当時の時代背景やエピソードをざっくばらんに語る様子は、どこかユーモラスで面白い。例えば、モネがルノアールに宛てた一言、ピサロのゴーギャンへの謝罪など、同時代の画家たちがコメントを寄せ合う趣向も楽しく、自然と画家たちの交友関係が頭に入るようになっている。
印象派を代表する、モネの系譜

印象派を代表する、モネの系譜

「印象、日の出」のみどころ解説

「印象、日の出」のみどころ解説

モネ、ドガ、ルノアール、スーラ、セザンヌなど代表的な約30名の印象派画家の系譜と、「印象派」発展の歴史、同時代に発展した彫刻などもしっかりと抑えており、気取らず気軽な作りながらも、サクサクッと広範な知識を吸収することができる内容になっている。美術館に行く前には、ぜひ一読して欲しい一冊だ。
印象派の先駆者たち「ロダン」

印象派の先駆者たち「ロダン」

印象派ってどんな絵画? 印象派Q&A

印象派ってどんな絵画? 印象派Q&A

ひと目で分かる画家相関図

ひと目で分かる画家相関図

出版社:株式会社エムディエヌコーポレーション
価格:1600円(税抜)
池上英洋 監修/石川マサル・フレア 共著
URL:http://www.mdn.co.jp/di/book/3217303003/
Amazon:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844366688/mdndi-22/
2017/05/25
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース