48枚の札ごとに使用書体が異なる「フォントかるた」の販売がスタート

ニュース

文言は全て同じでフォント名を詠み上げて札を取る!

48枚の札ごとに使用書体が異なる「フォントかるた」の販売がスタート


「フォントかるた」

「フォントかるた」

2017年6月20日(火)に、フォントかるた制作チームが手掛けた「フォントかるた」のAmazonでの販売が開始された。販売元は株式会社TART DESIGN OFFICEで、価格は2592円(2017年6月21日時点での税込価格)。48枚の取り札には全て同じ「愛のあるユニークで豊かな書体」との文言が記載されており、それぞれ使用書体が異なって、詠み上げられたフォント名の札を取るという一風変わったゲームとなっている。
「フォントかるた」は、多種多様な書体に着目して開発された新しいスタイルのかるただ。取り札の表には書体見本、裏には表と同じ書体で書体名が記載されており、読み札には書体名と解説と書体見本が印字されている。デザイナーやクリエイターなどの書体に関心を持つ人たちはもちろん、あまり書体に興味のなかった人でも、遊びながら文字のデザインの違いを知り、フォントの種類を楽しく覚えられるゲーム。これまでは東京を中心としたフェスや限定ショップでしか入手できなかったが、Amazonでの取り扱いが開始されたことにより、全国どこからでも気軽に購入できるようになった。
企画 / デザインは広告やエディトリアルを手掛けるグラフィックデザイナーのせきねめぐみ氏、解説はグラフィックアプリケーションやデザイン関連書籍の執筆 / グラフィックデザインのトレーニングなどを行っている伊達千代氏、印刷(かるたと箱)はGRAPH Co. Ltd.が担当している。かるた本体のサイズは68×90mm。
通常のかるたに似た方式のほか、さまざまな遊び方も提案されている  https://www.fontkaruta.com/play

通常のかるたに似た方式のほか、さまざまな遊び方も提案されている
https://www.fontkaruta.com/play

使用書体の一覧。写研の書体も含まれている

使用書体の一覧。写研の書体も含まれている

フォントかるた制作チーム
価格:2592円(2017年6月21日時点での価格)
URL:https://www.fontkaruta.com/
2017/06/21

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース