サンワ、スマホやiPadとWi-Fi接続して使えるワイヤレスデジタル顕微鏡を発売

ニュース

サンワ、スマホやiPadとWi-Fi接続して使えるワイヤレスデジタル顕微鏡を発売


「400-CAM059」

「400-CAM059」

サンワサプライ株式会社は、直販サイト「サンワダイレクト」での限定販売の新製品として、デジタル顕微鏡「400-CAM059」を発売した。iPhoneやAndroid搭載スマートフォン、iPadとWi-Fi接続でき、電源も内蔵しているため、屋外などでもケーブルレスで自由に撮影できるモデル(Android搭載タブレットには非対応)。350万画素のCMOSセンサーを搭載しており、スコープのダイヤルを調整することで、光学20〜220倍でのズームに対応する。価格は2万2963円(税抜)。
本製品は、Wi-Fi接続した端末で映像を確認できるデジタル顕微鏡だ。専用アプリの「MicroCapture」を使用して端末と接続し、プリント基板や印刷物の確認、自由研究などに幅広く役立てることができる。6個のLEDを備えており、ダイヤル操作で被写体に最適な明るさへの調整も可能。最大1080pでの動画撮影(H.264)や、最大4032×3024pixelsでの静止画撮影(JPEG)を行える。
撮影したデータは、本体に挿入したmicroSDメモリーカード(別売)に保存。カードに保存したデータは、端末に転送することもできる。製品には、本体を固定してしっかり安定させて撮影するための専用スタンドや、USB-ACアダプタ、充電用のUSBケーブル(1m)、プレパラート、キャリブレーションシート、クリーニングクロスを同梱。内蔵リチウムイオン電池での連続動作時間は約3時間となっている。スコープ本体サイズは約154(幅)×41(高さ)×44(奥行)mm、台座サイズは約120(幅)×167(奥行)mmで、スコープ重量は約130g。
サンワダイレクト
問い合わせ:086-223-5680
価格:2万2963円(税抜)
URL:https://direct.sanwa.co.jp/
2017/07/13

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース