「東急線アプリ」が8月21日にリニューアル、入場規制や車両別混雑度の情報を入手可能に

ニュース

「東急線アプリ」が8月21日にリニューアル、入場規制や車両別混雑度の情報を入手可能に


駅入場規制情報

駅入場規制情報

車両別混雑度

車両別混雑度

東京急行電鉄株式会社(東急電鉄)は、スマートフォン用の「東急線アプリ」のリニューアルを8月21日に行うと発表した。
今回のリニューアルでは、新たに駅入場規制情報や車両別混雑度に関する情報の発信機能を追加するほか、駅構内カメラ画像配信「駅視-vision」配信駅や配信改札口を追加する。

駅入場規制情報は、荒天による遅延などの運行支障発生時に、ホームなどが混雑して駅への入場が規制される場合や、規制が予想される混雑が発生している場合に、アプリ内で表示する機能で、このようなサービスは業界初だという。「マイ乗降駅」に登録した駅で入場規制が行われた場合は、リアルタイムでプッシュ通知する機能も搭載している。

車両別混雑度の情報配信については、平日の田園都市線において、車両別の混雑度表示を6段階で表示する。車両の混雑状況を可視化することで、ユーザー自身が空いている車両を選択できるようになる。
東急線アプリ
URL:http://ii.tokyu.co.jp/tokyusenapuri/
2017/08/01
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース