上海問屋、USB Type-C搭載のAndroidスマホで手軽に使える360°カメラを発売

ニュース

上海問屋、USB Type-C搭載のAndroidスマホで手軽に使える360°カメラを発売


「DN-915061」装着イメージ

「DN-915061」装着イメージ

株式会社ドスパラは、世界の商品を輸入販売する上海問屋の新製品として、上下左右全方位のパノラマ撮影を行える360°カメラ「DN-915061」を発売した。USB Type-Cを備えたAndroidスマートフォンに装着して使うことが可能。動画(H.264)/ 静止画(JPEG)ともに解像度2160×1080pixelsで撮影でき、動画は30fpsで記録できる。価格は9999円(2017年8月4日時点での税込価格)。
本製品を使用する際には、あらかじめ専用アプリ「Opai360」をインストールしておく。カメラを接続すると、自動的に専用アプリが起動する仕組みだ。2つのレンズを搭載しており、動画 / 静止画のいずれかを選べば360°の景色の撮影が可能。アプリ上で再生でき、タッチ操作であらゆる方向からの視点を楽しめる。
また、アプリ上で再生中にVRモードを選択すると、2画面となる機能も用意。そのままスマートフォン対応のVRゴーグルを使用すれば、VRパノラマ映像の視聴が可能だ。専用アプリには、顔文字 / テキスト / 手書きの挿入機能や、各種のフィルター機能、InstagramなどのSNSへ手軽に共有できる機能も用意されている。本体サイズは40(幅)×45(高さ)×15(奥行)mm、重量は約22gで、製品にはクリーニングクロスやソフトケースが付属。
「DN-915061」

「DN-915061」

株式会社ドスパラ
価格:9999円(2017年8月4日時点での価格)
URL:https://www.donya.jp/
2017/08/04

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース