写真家とデザイナーが作る“奥田民生になれる部屋”など広い観点から奥田民生氏に注目した展覧会が開始

ニュース

写真家とデザイナーが作る“奥田民生になれる部屋”など広い観点から奥田民生氏に注目した展覧会が開始


「奥田民生になりたい展」 ロゴ:安齋肇

「奥田民生になりたい展」
ロゴ:安齋肇

2017年9月14日(木)から10月2日(月)まで、池袋パルコ 本館7Fのパルコミュージアムにて「奥田民生になりたい展」が開催される。自身のレーベル「ラーメンカレーミュージックレコード(RCMR)」の設立後に初となるソロ名義のオリジナルアルバム「サボテンミュージアム」のリリースや、映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」の公開などを今秋に控える奥田民生氏を、さらに深く知ることができる展覧会。会場内ではオフィシャルグッズの販売も予定されている。
本展では、1987年にユニコーンでメジャーデビューし、1994年から本格的にソロ活動を行っているミュージシャンの奥田民生氏にフィーチャー。奥田民生シグネチャーモデルのギターやゴールドディスク、歴代の衣装、RCMRキャラクター(ヘロ・ディギン)の模型などの展示に加え、各パート音源を切り替えながら歌って試せる「奥田気分でレコーディング体験」コーナーも用意される。
また、当時のレコーディングで実際に使用された「イージュー★ライダー」の貴重なマスターテープも、本展での本邦初公開が実現した。さらに、ニューアルバム「サボテンミュージアム」のアートワークも手掛けた写真家の三浦憲治氏とデザイナーの安齋肇氏が作った「奥田民生になれる部屋」も公開される。開場時間は10:00〜21:00(9月14日と9月15日は21:30閉場 / 最終日は18:00閉場 / 入場は閉場30分前まで)で、入場料は一般600円 / 学生500円 / 小学生以下無料。
写真:三浦憲治

写真:三浦憲治

■期間:
2017年9月14日(木)~10月2日(月)

■開催場所:
パルコミュージアム
東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋パルコ 本館7F

■問い合わせ先:
パルコミュージアム
url. http://www.parco-art.com/

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース