2018年の最新iPhoneは3機種全てが全面ディスプレイに、1機種は5cのような廉価版か

ニュース

2018年の最新iPhoneは3機種全てが全面ディスプレイに、1機種は5cのような廉価版か


iPhoneの2018年モデルの予想

iPhoneの2018年モデルの予想

iPhoneの10周年記念モデル「iPhoneX」が発売されて間もないが、2018年に登場するiPhoneについて、Apple関連のニュースを届けるサイトMacRumorsが報じている。
情報源は、iPhone関連のスペックや仕様などについて、かなりの確度で当てているKGI証券のアナリスト、ミンチークオ氏。彼による推測によると、2018年に発売されるiPhoneは3機種で、有機EL(OLED)ディスプレイ搭載の5.8/6.5インチモデルと、LCDディスプレイ搭載の6.1インチモデルが登場するという。

各モデルに共通するのは、iPhoneXのような全面ディスプレイで、ホームボタンを廃止しているので、顔認証(Face ID)をするためのTrueDepthカメラシステムを搭載する点。

ただ、価格面では差があり、第2世代iPhoneX(5.8インチ)とiPhoneX Plus(6.5インチ)はハイエンドモデルとして販売されるが、LCDディスプレイ搭載の6.1インチモデルは廉価版としてラインナップされる。

6.1インチモデルは、廉価版iPhoneとして登場したポリカーボネートボディのiPhone5cを思い出させる。性能的にはハイエンドよりも低解像度などとなり、価格はローエンドからミッドレンジ市場をターゲットとする649ドルから749ドルになると予測している。
カラフルボディを気に入る人もいたiPhone5c

カラフルボディを気に入る人もいたiPhone5c

高額化が進むiPhoneはiPhoneXでついに最低価格が10万円を越える11万2800円となった。価格的な選択肢を増やすためにも、久しぶりの廉価版はありなのかもしれない。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース