単行本未収録! 連載時の扉絵がそのまま見られる「手塚治虫扉絵原画コレクション1950-1970」発売

ニュース

単行本未収録! 連載時の扉絵がそのまま見られる「手塚治虫扉絵原画コレクション1950-1970」発売


株式会社玄光社は、手塚治虫氏の初期~中期の貴重な扉絵作品を集めた「手塚治虫扉絵原画コレクション1950-1970」を11月30日に発売した。A4判/288P/4,600円(税抜)。
本書における「扉絵」とは、雑誌掲載時のトップページや単行本の冒頭にタイトルとともに入れられる絵のことである。大胆な画面構成やタイトルのアレンジなど、読者の目を引くためのさまざまな工夫が凝らされており、手塚漫画のもう一つの魅力が凝縮されているのだが、単行本ではカットされてしまうことが多く、今回初めて収録されるものも数多い。

本書では、雑誌掲載時の原画が現存する作品の中から、入手困難なものを優先して約600点を厳選。大々的にクリーニングが施された近年の復刻漫画や画集と異なり、補正は最小限に留め、原画の傷みや修正跡、経年変化による変色などもあえて「風合い」として生かして、モノクロ原稿もフルカラーで掲載している。

年月を重ねた歴史とともに作者の繊細な筆致や息遣いが感じられる、まさに原画ならではの醍醐味を楽しめる本書は、資料としても稀少性が高く、なおかつ手塚作品をアートとして鑑賞できる内容となっている。
株式会社玄光社
価格:4,600円(税抜)
手塚 治虫 著
URL:http://www.genkosha.co.jp/
Amazon:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4768309143/
2017/12/04

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース