Googleの段ボールシリーズに画像認識等の機能を持つAIカメラ「Vision Kit」追加

ニュース

Googleの段ボールシリーズに画像認識等の機能を持つAIカメラ「Vision Kit」追加


AIカメラ「Vision Kit」

AIカメラ「Vision Kit」

米Googleは、人工知能プロジェクト「AIY Projects」のプロダクトとして、AIを搭載するカメラ「Vision Kit」を発表した。12月上旬にアメリカで発売され、プレオーダーはMicro Centerで受け付ける。
本デバイスは、クラウドへの接続なしに、独立したニューラルネットワークを備えたAIカメラ。本体外郭はダンボール製となっていて、キットから自作できるダンボール製VRヘッドセットの「Google Cardboard」の一系統とも言える。
キット内容物

キット内容物

ただし、こちらはよりハイテクノロジーを搭載。回路基板のVisionBonnet、RGBアーケードスタイルのボタン、ピエゾスピーカー、マクロ/ワイドレンズ、三脚取り付け金具がパーツとして付属している。

ニューラルネットワークモデルを実行する頭脳とも呼べるVisionBonnetには、Intelの視覚処理装置「Movidius MA2450」を搭載。ソフトは3つあり、「1000種類の共通オブジェクトを認識」「顔を表情を認識」「人・猫・犬の検出機能」が備わる。

これらの機能を使い、どのようような場所に設置するか、どうやって使うかはユーザー次第。例えば、勝手口に設置して、飼い猫が帰ってきた時に自動でドアを開けるようにするとか、家族が自分の部屋に侵入したらアラームを鳴らすことなどができる。

Googleではユーザーがどのような使い方をするのか非常に楽しみにしているとし、ソーシャルメディアで、使い方を#AIYProjectsをつけて紹介してほしいとしている。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース