クラウド会計の「freee」、ビットコインなどの仮想通貨の儲けを申告できる機能を追加

ニュース

クラウド会計の「freee」、ビットコインなどの仮想通貨の儲けを申告できる機能を追加


イメージ

イメージ

freee株式会社は、同社のクラウド会計サービス「freee」において、個人の所得税確定申告機能で、仮想通貨による利益(雑所得)の申告への対応を予定していると発表した。対応予定時期は2月上旬。
ビットコインやリップル、イーサリアムなどの仮想通貨の取引が活発になり、日本でも多くのユーザーや企業や市場に参入している。

その中で、利益は「雑所得」に分類されるために、売却益には税金がかかり、申告する必要があり、「freee」はそれに対応するというもの。

今回の発表は、まずは対応することについての発表に留まり、詳細は後日明らかにするとしている。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース