G-SHOCKに世界初の機能「ソーラーアシスト」や「GPSナビ」搭載!ルートを文字盤に表示

ニュース

G-SHOCKに世界初の機能「ソーラーアシスト」や「GPSナビ」搭載!ルートを文字盤に表示


GPR-B1000-1

GPR-B1000-1

カシオ計算機は30日、同社の耐衝撃ウォッチブランド「G-SHOCK」のサバイバルシーン向け「RANGEMAN(レンジマン)」シリーズ最新作として、「GPR-B1000」(ブラック/カーキの2モデル)を発表した。価格は10万円(税別)、発売日は3月9日。
本製品は、「サバイバルタフネス」をコンセプトに方位・気圧/高度・温度を計測するトリプルセンサーを搭載した「RANGEMAN」の最新モデル。新機能は、ソーラーアシストによるGPSナビゲーション機能で、GPS衛星から位置情報を取得し、目的地までのルート上の現在地・目的地の方向をリアルタイムで表示可能になっている(ルートナビゲーション&ログ機能)。
ルートナビゲーション&ログ機能

ルートナビゲーション&ログ機能

また、実際に通過したルート、ポイントの情報(緯度/経度、高度や温度など)をメモリーすることができ、メモリーした往路の情報を用いて元の地点までのルートを表示するバックトラック機能も有する。
バックトラック機能

バックトラック機能

そのほか、充電はワイヤレス/ソーラー充電に対応。世界初の機能としては、ワイヤレス充電ができない屋外環境において、GPS機能が使用できないバッテリーレベルになっても、ソーラー充電により一定時間再駆動が可能になっている。

タフネス性に関しては、防塵・防泥のマッドレジスト構造やカーボンファイバーインサートバンド採用で、G-SHOCKらしい強靭性を備えている。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース