コーレル、レンズ補正や画面分割など多数の新機能を備えた動画編集ソフト「VideoStudio 2018」を発売

ニュース

コーレル、レンズ補正や画面分割など多数の新機能を備えた動画編集ソフト「VideoStudio 2018」を発売


「Corel VideoStudio 2018」

「Corel VideoStudio 2018」

コーレル株式会社は、ビデオ編集ソフト「Corel VideoStudio 2018」を発売する。発売日は、ダウンロード版が2018年2月14日(水)で、パッケージ版が2018年3月16日(金)。Windows 10 / 8 / 7に対応しており「64bit OSを強く推奨」とされている。
「VideoStudio」は、ビデオカメラなどからの素材の取り込み、さまざまな編集、ディスクへの書き出しやインターネットへの公開、といった動画の編集に必要十分な機能を搭載し、作業ステップごとに分けた分かりやすいメニュー構成などを特徴としているソフトだ。最新バージョンでは新しい直感的なUIを採用し、より素早く簡単に操作を行えるようになった。
製品ラインナップには、スタンダードグレードの「VideoStudio 2018」のほか、Pro版やUltimate版、最上位グレードの「VideoStudio Suite 2018」を用意。「Suite」には、Ultimate版の全機能に加えて、画像編集ソフトの「PaintShop Pro 2018」と、DVD / Blu-ray再生ソフトの「WinDVD Pro 12」が同梱されている。Pro版ではモーショントラッキングやサードパーティ製エフェクトなど多彩なクリエイティブ機能の利用が可能で、新たに360°ビデオの編集にも対応した。Ultimate版はPro版の全機能に加えて、限定のプレミアムエフェクトやマスククリエーターなどのパワフルな機能を備えており、3Dモーションのタイトルを作れる3Dタイトルエディター機能も新搭載している。
スタンダードグレードも含めて全グレードに共通する新機能や強化として挙げられるのは、レンズ補正ツールやパン&ズーム、画面分割ビデオなど。レンズ補正ツールでは広角カメラやアクションカメラで撮影された動画から歪みを素早く取り除くことができ、パン&ズームでは新たなコントロールが追加されて簡単にアクションにズームしたりシーン全体をパンできるようになった。画面分割ビデオ機能は、ドラッグ&ドロップの操作によって、複数のビデオストリームを1画面に同時に表示できるもの。特にUltimate版には画面分割ビデオテンプレートクリエーターが用意されており、独自の画面分割レイアウトを作ることもできる。
ダウンロード版(通常版)の参考標準価格は、「VideoStudio 2018」が4250円(税抜)、Pro版が6400円(税抜)、Ultimate版が8400円(税抜)、Suite版が1万2430円(税抜)。POSAパッケージ版(通常版)の参考標準価格は、「VideoStudio 2018」が4980円(税抜)、Pro版が7400円(税抜)、Ultimate版が9900円(税抜)、Suiet版が1万4800円(税抜)。POSAパッケージ版と同価格でDVDトールケース版も同時発売される(Suite版を除く)。また、Pro版とUltimate版にはダウンロード版 / POSAパッケージ版 / DVDトールケース版ともに、それぞれアップグレード版とアカデミック版も用意。企業 / 官公庁 / 教育機関を対象としたボリュームライセンス版も3月16日(金)から販売される。
「レンズ補正ツール」イメージ

「レンズ補正ツール」イメージ

「画面分割ビデオ」イメージ

「画面分割ビデオ」イメージ

Ultimate版のみで利用できる「3Dタイトルエディター」

Ultimate版のみで利用できる「3Dタイトルエディター」

コーレル株式会社
URL:http://www.corel.jp/
2018/02/14

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース