Yahoo! MAP(iOS版)が、ナビゲーションを拡張現実でサポートする「ARモード」を実装

ニュース

Yahoo! MAP(iOS版)が、ナビゲーションを拡張現実でサポートする「ARモード」を実装


ヤフー株式会社は、3月5日、おでかけ情報アプリ「Yahoo! MAP」のiOS版において、AR(拡張現実)を活用したナビゲーションサポート機能「ARモード」を試験的に導入すると発表した。スマホのカメラに写る実際の風景に、矢印や看板などの地図情報を重ねて表示するもので、目的地の方向や距離などが、より直感的に認識できるようになる。
「ARモード」は、iOS11に搭載されたARアプリ開発のためのフレームワーク「ARKit」を活用した機能で、カメラで写した実際の風景に、ルートや看板などのナビゲーション要素をビジュアルとして重ねることで、目的地までの方向や距離を立体的に確認できるようにしたものだ。

使い方は従来のルート案内から「ARモード」へ切り替える形になっており、目的地への徒歩ルートを検索した後、画面右上の「ARモード」ボタンを押すことで起動する。立ち止まってスマホを左右にゆっくり動かすと、アプリが空間を認識。カメラ映像に目的地の方向を示す青いルートラインがしっかりと重なって現れる。

さらに、ユーザーの移動に合わせて、目的地の方向を示す「矢印」や残りの「距離」、曲がり角を示す「看板」などが次々と表示され、後ろを振り返るとユーザー自身が歩いた道のりが「足跡」のビジュアルとして確認可能。

目的地にはヤフーの公式キャラクター「けんさく」君が手を振って出迎えてくれるという楽しい演出が。「足跡」は、通常「靴跡」のビジュアルになっているが、機能を使用する頻度によって「裸足」「犬」など数種類のビジュアルが登場するという仕掛けも用意されている。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース