Googleマップのゲーム利用開始。実世界が中世になったりゾンビだらけになったり!

ニュース

Googleマップのゲーム利用開始。実世界が中世になったりゾンビだらけになったり!


発表資料

発表資料

Googleは、同社のマップサービスGoogle Mapsの実世界のデータを使ってゲーム開発できる新サービスの提供の開始を発表した。
Google Maps APIのプロダクトマネージャーによると、モバイルゲームとしてポケモンGOに代表される拡張現実ゲームの開発が増加しているが、その場合、開発者は実世界からゲーム内の環境を構築する必要があった。

しかし、Googleマップで提供している世界モデルを使用すれば、簡単に現代の建物を中性のファンタジー風にしたり、ゾンビが徘徊する世紀末的な世界を再現することができるようになる。

サービスはGoogleマップのデータとUnityで提供される。開発者は世界モデルをカスタマイズして、ゲームの世界観に合わせた構成にできる。

マップのデータは200以上の国、1億以上の3D建築物、道路、自由の女神やエッフェル塔などのランドマーク、公園などで世界を舞台にしたゲームが開発できる。

本件に関しては、サンフランシスコで開催されるイベントGame Developer Conferenceでライブデモを行うとしている。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース