Apple非正規のショップでiPhone8の画面を修理すると、iOS11.3でタッチ不可になる恐れ

ニュース

Apple非正規のショップでiPhone8の画面を修理すると、iOS11.3でタッチ不可になる恐れ


iPhone8

iPhone8

iPhoneなどのスマートフォンのディスプレイ(画面)は割れやすい割に正規のショップで修理に出すと高額になることが多く、街のスマホリペアショップで安価に当日受け渡しでディスプレイの交換修理を行うユーザーも多い。
しかし、iPhone8では、非正規のショップでディスプレイを交換した場合、iOS11.3にアップデートすると、タッチ操作が全くの無効になってしまうという事象が発生している。これはディスプレイに接続しているマイクロチップが原因となっているようだ。

また、iPhoneXでも同様に、ディスプレイを交換すると顔認証(Face ID)が無効になるという現象が起きている。

これらの事象は、非正規にディスプレイを交換した場合、第三者が勝手にiPhoneにアクセスできなくするという、セキュリティ面では正当性のある対応である。

ただ、スマホが使えなくなったユーザーにとってはセキュリティよりも大事なデータなどにアクセスできないという困難に陥っており、今後、iPhoneを使えなくなったユーザーの声が大きくなってくると、Appleはソフトウェアアップデートなどで対応する可能性がでてくるものと見られる。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース