2019年秋発売の最高級iPhoneはトリプルカメラが目玉、2018年は液晶画面の廉価版がメインか

ニュース

2019年秋発売の最高級iPhoneはトリプルカメラが目玉、2018年は液晶画面の廉価版がメインか


発表されたばかりのREDのカメラ(デュアルカメラ)

発表されたばかりのREDのカメラ(デュアルカメラ)

2019年の秋に登場するiPhoneのハイエンドモデルについて、トリプルカメラを搭載したモデルになるのではという報道が過熱している。
トリプルカメラといえば、先ごろ発表されたHuaweiのニューフラッグシップ「P20 Pro」が話題になったばかり。「P20 Pro」では、F値1.8レンズと4000万画素センサー、F値1.6のレンズで2000万画素のモノクロ専用センサー、そして、3倍ズーム望遠撮影対応の800万画素の3つを搭載。カラーとモノクロの組み合わせて光感度を向上させたり、従来のぼかし写真なども画質がアップしている。
P20 Proのトリプルカメラ

P20 Proのトリプルカメラ

一方、Appleが開発しているトリプルカメラは、6P構造のレンズで最大5倍の光学ズームや手ぶれ補正に対応するとされている。

ただ、カメラに関しては、デュアルカメラの時も他社からわずかに遅れていたAppleの開発。トリプルカメラに関しても、来年の2019年秋に発売のモデルから搭載されるのでは、という観測が強い。

また、今年の2018年秋に登場するiPhoneのラインナップについても新情報が登場。
以前からiPhoneは3モデルが登場すると噂されているが、5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルは高い価格設定で、6.1インチの液晶ディスプレイは廉価版になると予測されている。

しかも、売れ筋になるのは廉価版で、Appleもそれを見越して生産台数の半分を廉価な液晶ディスプレイバージョンに割り当てるとされている。

2017年のiPhoneは10周年ということもあり、iPhone8/8 Plus/Xという3モデルで、価格は、iPhone8の64GB7万8800円が最低価格となっている。
もし、5万台や6万台の廉価版が発表されたら、買い替えを待っているユーザーが大量に流れるのは想像に難くない。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース