“三國志”や“信長の野望”のゲームパッケージイラストで広く知られる長野剛氏の原画展が開催

ニュース

“三國志”や“信長の野望”のゲームパッケージイラストで広く知られる長野剛氏の原画展が開催


「汜水関の激闘(呂布対関羽)」 (C)Tsuyoshi Nagano

「汜水関の激闘(呂布対関羽)」
(C)Tsuyoshi Nagano

「戦国の武・戦国の智」 (C)Tsuyoshi Nagano

「戦国の武・戦国の智」
(C)Tsuyoshi Nagano

2018年4月20日(金)から3日間にわたり、秋葉原UDX 4FのギャラリーNEXT-3にて「長野剛原画展2018」が開催される。長野剛氏は歴史リアルイラストの第一人者で、戦国武将や三国志のシミュレーションゲームに提供している作品でも広く知られているイラストレーター。本展では約50点の原画を展示するほか、4月21日(土)と4月22日(日)の各日13:00からは長野氏が来場し、織田信長を描き上げるライブペインティングが実施される。入場無料で、時間は11:00~19:00(初日は14:00開場 / 最終日は17:00閉場)。
1961年生まれの長野剛氏は、1984年に日本大学芸術学部油彩科を卒業し、デザイン事務所勤務を経て1988年からフリーのイラストレーターとして活動している。1995年から2012年までは株式会社コーエーテクモゲームスのシミュレーションゲーム「三國志」や「信長の野望」を担当。また、1999年から2008年まではスター・ウォーズのスピンオフ小説の表紙を手掛けた。2008年からはオリジナル作品の制作を開始し、各地で原画展および版画展を開催している。
本展での展示作品は、CGを一切使用せずに、歴史上の人物を油絵具で描いたもの。これまでアートに関心がなかったゲームファンや歴史ファンも楽しめる展覧会だ。書籍やゲームに使用された戦国武将および三国志武将のイラスト原画が展示され、作品は一部を除いて購入が可能。ゲーム「三國志」シリーズのゲームパッケージに使用された原画も展示販売される。
「謙信対信玄」 (C)Tsuyoshi Nagano

「謙信対信玄」
(C)Tsuyoshi Nagano

「お江」 (C)Tsuyoshi Nagano

「お江」
(C)Tsuyoshi Nagano

■期間:
2018年4月20日(金)~4月22日(日)

■開催場所:
秋葉原UDX 4F ギャラリーNEXT-3
東京都千代田区外神田4-14-1

■問い合わせ先:
アートコレクションハウス株式会社
tel. 03-5846-1971
url. http://art-eventcollection.info/nagano2018

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース