日清、焼そばU.F.O.のふた裏キャベツを除去する「キャベバンバン CBB-001」を発表

ニュース

日清、焼そばU.F.O.のふた裏キャベツを除去する「キャベバンバン CBB-001」を発表


日清食品株式会社は、5月17日、「日清焼そばU.F.O.」のふた裏に付着したキャベツを除去する専用器具「キャベバンバン CBB-001」の予約販売受付を開始すると発表した。日清食品グループ オンラインストアおいて、5月17日(木)10時よりクラウドファンディング形式の受付が開始されており、5月31日(木)10時までに予約数が1,000個に達した場合は、1個4,980円(税込)で実売が行なわれる。
同製品は、「日清焼そばU.F.O.」のふた裏に付着したキャベツを、パワフルな振動でスマートに除去することができる、焼きそば専用グッズだ。ゴムの弾性に着目した「マルチ・ラバー・ヘッド」機構を搭載し、同心円状に広がる上部パーツから、複数の振動を起こし、ふた裏についた微細なキャベツの約81%(※日清食品調べ)を除去する。

湯切りから食後のゴミ捨てまでを自然な動きで行える総合デザインとなっており、電気を一切使用しないので、簡単に丸洗いもできて衛生的だ。
使用方法

使用方法

日清食品は“食にまつわるさまざまな問題”に独自の視点からアプローチする商品開発プロジェクト「PRODUCT X (プロダクト・ペケ)」を展開しており、その第一弾として2017年10月に麺の“すすり音”をカモフラージュする機能を搭載したフォーク「音彦(おとひこ)」を発表している。しかし、このときは残念ながら目標の予約数に到達せず発売には至らなかった。

第二弾となる「キャベバンバン CBB-001」は、近年社会問題化している“フードロス”に着目したプロジェクトだ。ふた裏についたまま捨てられてしまうキャベツは年間約4.17tに達するとのことで、このフードロスを少しでも減らすことを目的に開発されている。

予約受付が開始されて約6時間半となる5月17日(木)16:30現在、申込サイトには「在庫数:910点」と表示されており、今回は順調にプロジェクトが進んでいるようである。今後の展開に注目したい。
日清食品株式会社
URL:https://store.nissin.com/jp/special/productx/kyabebanban/
2018/05/17

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース