デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

[technique 04]データにタグ付けして会議内容を円滑に共有する

作業効率がアップする隠れた使い方教えます!

WEB制作、プロの無料サービス活用術
──プロジェクト管理に使えるツール(1)


[technique 04]

データにタグ付けして会議内容を円滑に共有する

文=中村和正((株)メタフェイズ)

Tool
Evernote
URL www.evernote.com/

ピンポイント活用

プロジェクトを進めるうえでの重要事項である情報の共有だが、そのために会議時のアジェンダ、議事録の作成は必須だろう。しかし、手描きのノートやレコーダーなどから書き起こすなどといったことに時間をかけ過ぎても効率が悪い。そこでお勧めしたいのが個人用ドキュメント管理ツール「Evernote」だ。アカウントをつくっておけば、無料でも月40MBの容量が使用できる。ブラウザ上から編集できるので、会議中にここに内容を整理していけばよい。記入時も検討事項は「◆」などと記号をうまくつけていくと、あとで見返したときにわかりやすい。また、データにタグを付与できるので「アジェンダ」、「議事録」、「第○回MTG」のようにタグ名称をつけておけば、あとから探すことも容易になる。なお、ダウンロード版も用意されており、オフライン環境でも利用が可能だ。あとで同期をとればよい。また、iPhone版なら写真や音声もアップできるので、あわせて使えばさらに活躍することだろう。


文字装飾も充実したエディタ画面
文字装飾も充実したエディタ画面



データの一覧画面。タグ付けをしておけば必要なデータもすぐに見つけられる
データの一覧画面。タグ付けをしておけば必要なデータもすぐに見つけられる



ダウンロード版はオフライン環境でも利用可能。あとで同期をとればよい
ダウンロード版はオフライン環境でも利用可能。あとで同期をとればよい



iPhone版ではテキストのほか、その場で録音・撮影したデータも保存可能だ
iPhone版ではテキストのほか、その場で録音・撮影したデータも保存可能だ



2010年3月にはEvrenoteの日本語版の提供が開始された。他デバイスやツールの連携含め、これからますます使い勝手の向上が見込まれる
2010年3月にはEvrenoteの日本語版の提供が開始された。他デバイスやツールの連携含め、これからますます使い勝手の向上が見込まれる





[INDEX]
>>> [technique 01]クライアントも巻き込んでプロジェクト管理をする
>>> [technique 02]メモや注釈などのウィジェットを共同で使う
>>> [technique 03]打ち合わせをしながらサイトマップを作成する
>>> [technique 04]データにタグ付けして会議内容を円滑に共有する
>>> [technique 05]高機能グループウエアでプロジェクト管理を一元化する



COVER101

本記事は『web creators』2010 vol.101からの転載です。本特集全記事は誌面で読むことができます。
月刊『web creators』掲載記事号の情報はこちら!
>>>


twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS