第4章 01 クリアな質感をもった立体的なロゴ | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

デザインが見違える! 「文字」アイデア大全



ロゴ&文字加工01
クリアな質感をもった立体的なロゴ

クリアな質感をもった立体的なロゴ

制作・文 佐々木拓人(Con-Create Design)
URL http://www.concreatedesign.jp/
使用ソフト Photoshop CS/CS2



1-1
1-1

1
まず、背景となる画像をPhotoshopで開いたら、横書き文字ツールを使って文字をグレーで入力する 1-1



2-1 2-1
2-1 ※クリックで大きくなります

2-2
2-1

2
工程1で文字を配置したレイヤーを選択したら、レイヤーメニュー→“レイヤースタイル...”の[光彩(内側)]と[ベベルとエンボス]をそれぞれ 2-1のような値で適用。さらに文字のレイヤーを[描画モード:乗算]、[塗り:0%]に設定し、透明な質感を表現する 2-2



3-1
3-1

3-2
3-2

3
次に、背景のレイヤーを複製したら、イメージメニュー→“色調補正”→“階調の反転”を実行。さらに“ぼかし”→“ぼかし(移動)...”フィルタを[角度:0°]、[距離:999pixel]で適用する 3-1。続いて、文字のレイヤーのサムネールをcommandキー+クリックして選択範囲を作成したら、背景を複製したレイヤーを選択し、レイヤーメニュー→“レイヤーマスク”→“選択範囲外をマスク”を実行。さらに[描画モード:リニアライト]に設定する。このレイヤーを複製し、[描画モード:焼き込み(リニア)]に設定したら完成だ 3-2






twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

MdN 最新刊

MdN BOOKS|デザインの本

週間アクセスランキング

12.3-12.9