JR西、南海トラフ地震での津波体験ができるVRコンテンツ開発。運転士の判断力向上を目指す

ニュース

JR西、南海トラフ地震での津波体験ができるVRコンテンツ開発。運転士の判断力向上を目指す


「地震・津波発生疑似体験コンテンツ」

「地震・津波発生疑似体験コンテンツ」

西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)は15日、KDDI株式会社によるルームスケールVR「HTC Vive」などを使った「VR(仮想現実)による災害対策訓練ソリューション」を4月以降に導入し、運転士の訓練に使用すると発表した。

 

本訓練は、JR西日本が取り組む、南海トラフ巨大地震やそれに伴う津波などの災害への対策の一環。特に、地震発生から5分以内に10m超の津波被害が想定されているJR紀勢線の白浜~新宮駅間は大きな被害が予想され、運転士の判断力向上のためにVRで紀勢線の一部区間(串本~新宮駅間)での津波被害を体験できるコンテンツを製作した。

 

コンテンツは、地震発生後に線路に向けて押し寄せる津波の様子がリアルに表現された「地震・津波発生疑似体験コンテンツ」と「避難行動の演習コンテンツ」の2つが用意されている。

「避難行動の演習コンテンツ」

「避難行動の演習コンテンツ」

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース