LINE、声で操作できるスマートスピーカー「Clova WAVE」を正式販売開始

ニュース

LINE、声で操作できるスマートスピーカー「Clova WAVE」を正式販売開始


「Clova WAVE」

「Clova WAVE」

LINE株式会社は5日、AIアシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカー「Clova WAVE」の正式販売開始を発表した。本体価格は1万4000円(税込)。なお、「LINE MUSIC」12ヶ月聴き放題セットだと1万2800円(2018年1月31日までの限定、税込)になる。販売サイトは、「Clova」公式サイト、Amazon、楽天となっている。
「Clova WAVE」はLINEとの連携や、韓国NAVERの開発技術や豊富なコンテンツやサービスを魅力に掲げるスマートスピーカー。7月14日には先行体験版を発売し、5日で完売する人気ぶりだった。

機能面では、「Clova WAVE」に声で話しかけることで、LINEのトーク内容を読み上げたり、送信したりが可能。占いやニュースの読み上げ、赤外線コントローラーに対応するTVのリモコン機能などを搭載する。

今後のアップデート予定では、声での話者認識、音声翻訳、カレンダー管理やメモ帳機能、ショッピングやデリバリー、タクシー配車などの機能を追加する予定としている。

主なスペックは、サイズ86.25×139.84×201.05 mm、質量998g、バッテリー5000mAh /3.8V、対応言語:日本語。

単品価格では、Googleの「Google Home」と同じ「Clova WAVE」。「LINE MUSIC」とのセット価格で「Google Home」よりも安くして、価格面での優位を確保した。後は、今後追加予定の機能がどれだけ拡充されるかに注目が集まる。
「Clova WAVE」の機能イメージ

「Clova WAVE」の機能イメージ

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース