iPhoneXは2018年にPlusで6.4インチに!ペンも対応したらイラストレーター歓喜

ニュース

iPhoneXは2018年にPlusで6.4インチに!ペンも対応したらイラストレーター歓喜


iPhoneX Plusのコンセプト画像

iPhoneX Plusのコンセプト画像

11月3日の発売が発表されたばかりのiPhoneX。そのディスプレイ拡大バージョンであるiPhoneX Plusは2018年の登場が噂されているが、早くもコンセプト画像が公開されている。
iPhoneXはこれまでのiPhoneとは異なり、前面からホームボタンを取り除き、顔認証を採用した最新モデル。ホームボタンの削除によりiPhoneX Plusは6.4インチの大型ディスプレイを持つことが可能になった。この6.4インチというサイズは、スマホとタブレットの中間であるファブレットに分類される。

ディスプレイは発色や視野角の広さに優れる有機EL(OLED)を搭載。機能面での向上も図られている。

このサイズはサムスンのフラッグシップモデル「Galaxy Note 8」の6.3インチと競合するものとなっている。「Galaxy Note 8」はその大画面を活かしてペン入力が可能だが、Appleも次世代Apple PencilでのiPhone対応を検討中で、既に特許も申請している。「iPhoneX Plus」と「Apple Pencil」というセットは、イラストなどのクリエイティブワークをするユーザーにとって計り知れない魅力のある組み合わせとなり、実現が待たれる。
Apple Pencilに関する特許で対応デバイスをスマートフォンまたはタブレットとしていたことが判明している

Apple Pencilに関する特許で対応デバイスをスマートフォンまたはタブレットとしていたことが判明している

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース