Apple、iPhoneで「i」が入力できないバグを修正したiOS 11.1.1リリース

ニュース

Apple、iPhoneで「i」が入力できないバグを修正したiOS 11.1.1リリース


Appleは9日(米国時間)、「キーボードの自動修正機能の問題」と「“Hey Siri”が作動しない問題」を修正した「iOS 11.1.1」をリリースした。
「キーボードの自動修正機能の問題」という不具合では、「i」を入力しようとすると自動修正機能により、「A」やUnicodeシンボルに変換されるというバグが発生していた。

また、「“Hey Siri”が作動しない問題」では、音声対応AIのSiriが起動しない不具合を修正している。

なお、今回の修正では、脆弱性などのセキュリティに関する修正は行われていない。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース