東急電鉄、グッドデザイン賞受賞の「戸越銀座駅」に続いて「旗の台駅」のリニューアルにも着手

ニュース

東急電鉄、グッドデザイン賞受賞の「戸越銀座駅」に続いて「旗の台駅」のリニューアルにも着手


池上線旗の台駅ホーム屋根リニューアル後 イメージパース

池上線旗の台駅ホーム屋根リニューアル後 イメージパース

東京急行電鉄株式会社は、11月21日、2017年度グッドデザイン賞を受賞した戸越銀座駅に引き続き、旗の台駅のリニューアル「木になるリニューアル」に着手すると発表した。竣工は2019年春ごろを予定しており、多摩産材を使用した木造駅の雰囲気漂う駅舎が計画されている。
当プロジェクトでは、東京都内の多摩地区で生育、生産される「多摩産材」を使用し、老朽化したホーム屋根を新たな温かみのある木造ホーム屋根として建替えるほか、待合室の改修により快適性の向上を図る。また、今後は駅舎の改修も予定されており、池上線ならではのアットホームなデザインの駅へと生まれ変わる予定だ。

「木になるリニューアル」と題した、この池上線旗の台駅のリニューアルプロジェクトは「平成29年度東京都森林・林業再生基盤づくり交付金事業」において採択を受け、同事業の補助により実施するもの。

池上線を運営する東急電鉄では、戸越銀座駅、旗の台駅の他にも、池上駅で駅舎改良、駅ビル開発を実施しており、「池上線フリー乗車DAY」といったイベントもあわせて実施していくことで、沿線の魅力発信に継続的に取り組んでいる。
東京急行電鉄株式会社
URL:http://ii.tokyu.co.jp/
2017/11/21

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース