小さいサイズの「iPhone SE」、小型はそのままに全面ディスプレイで2018年登場か

ニュース

小さいサイズの「iPhone SE」、小型はそのままに全面ディスプレイで2018年登場か


iPhoneSE2イメージ

iPhoneSE2イメージ

大型化がすすむAppleのiPhoneシリーズの中でも、現行デザインでは最も小型となる4インチサイズを守る「iPhone SE」。2016年3月に発売されて以降、小さくて手に馴染むサイズを求めるユーザーにとっての大事な受け皿となっている。
そのiPhone SEの最新モデルが、2018年に発売されると噂されている。当初はストレージ容量を増やしたモデルになるとされていたが、ここにきて、iPhoneXと同じ全面ディスプレイ採用がささやかれ、レンダリング(コンセプト)画像も公開された。

動画を見ると、4インチサイズながらベゼルレスの全面ディスプレイによりディスプレイサイズは拡大。iPhoneXと同じようにホームボタン廃止で顔認証(Face ID)を採用している。顔認証を可能にするTrue Depthカメラはフロントに搭載され、ディスプレイの上部に凸凹を形成してしまうノッチ(切り欠き)も同じデザインとなっている。
iPhoneXと同様のノッチ

iPhoneXと同様のノッチ

ただ、前面はiPhoneXと同じデザインだが、背面はデュアルレンズではなく、シングルレンズになる模様。ワイヤレス充電への対応も未定だ。(ワイヤレス充電対応の場合は、全面ガラスボディになるとみられる)
背面のカメラ部分

背面のカメラ部分

小さいという魅力と、iPhoneXの11万2800円~と比べ、3万9800円~という価格が魅力のiPhone SE。2018年バージョンは、iPhone SE2になるとされているが、4インチで低価格というラインが守られるかどうかに注目が集まっている。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース