なぜ? どうして? 巨匠たちからのミステリーに挑む「名画の謎解き」発売

ニュース

なぜ? どうして? 巨匠たちからのミステリーに挑む「名画の謎解き」発売


株式会社大和書房は、名画の中に隠された様々なミステリーを解き明かす「名画の謎解き」を2月10日に発売する。B6判/336P/880円(税抜)。

「この絵は、なぜこのように描かれたんだろう?」
見慣れたはずの名画を見て、ふとそう思ったことはないだろうか。本書はそんな疑問を一つ一つ解き明かす、西洋絵画の謎解きBOOKである。
「ゴッホの筆遣いは、なぜあのようにうねっているのか?」「ルノワールの絵は、なぜ左右で作風が違っているのか?」「セザンヌの水浴図は、なぜ男女が一緒に描かれないのか?」、そして、名画に描かれたあの視線の、あの行動の意味は? 絵画の中に隠されたミステリーを、西洋美術史の知識を使って解き明かすことで、疑問の答えを知るだけでなく、欧米の教養、文化、価値観なども楽しく身につけられる一冊である。

大好評を博した前作『名画は嘘をつく』では、主に“絵”について取り上げのに対し、本書では“画家”に焦点を当てて考察。名だたる巨匠たちの意外なエピソードや、モデルになった人物との関係、画家本人の思想までをディープに掘り下げる。フェルメール、マネ、デューラー、ラファエロ、ルーベンス、ゴーギャン、カラヴァッジョ、ドガ、プッサンなどの名画から抽出した27話の謎は、美術好きならずとも思わず「なるほど!」と手を打ちたくなる内容ばかりだ。時を超えた、巨匠たちからのミステリーを、ぜひ楽しみながら読んでみてほしい。
『愛の寓意』 ヴィーナスとキューピットの親子が艶めかしいキスを交わしているワケ

『愛の寓意』
ヴィーナスとキューピットの親子が艶めかしいキスを交わしているワケ

『悔悛するマグダラのマリア』 3枚の「マグダラのマリア」の乳房が徐々に隠されていったわけとは

『悔悛するマグダラのマリア』
3枚の「マグダラのマリア」の乳房が徐々に隠されていったわけとは

『悔悛するマグダラのマリア』 3枚の「マグダラのマリア」の乳房が徐々に隠されていったわけとは

『悔悛するマグダラのマリア』
3枚の「マグダラのマリア」の乳房が徐々に隠されていったわけとは

『ガブリエル・デストレとその姉妹ビヤール公爵夫人とみなされる肖像』 美女が美女の乳首をつまんでいる理由

『ガブリエル・デストレとその姉妹ビヤール公爵夫人とみなされる肖像』
美女が美女の乳首をつまんでいる理由

株式会社大和書房
価格:880円(税抜)
木村泰司 著
URL:http://www.daiwashobo.co.jp/
Amazon:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479306935/
2018/02/09

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース