デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

同人印刷や印刷通販でできる 特殊な印刷や加工1

特集記事

終わりのあとの始まり
印刷の魔法をもう一度信じてみる?

同人印刷や印刷通販でできる
特殊な印刷や加工

かつては個人で発注するのが難しかった特殊な印刷や加工も、近年、同人印刷や印刷通販で 気軽に発注できるところが増えてきた。前ページまでの事例でも取り上げたようなオフセット印刷の 延長線上でできるものを中心に、使い方のポイントと実際に発注できる印刷会社を紹介しよう。

●解説:野口尚子[印刷の余白Lab.]
 url. yohaku.biz/


※画像をクリックすると拡大します

オフセット印刷機で「箔」が転写できる
コールドフォイル

コールドフォイルはオフセット印刷のしくみを使って箔を転写する加工。通常の箔押し(ホットスタンプ)のようなプレス感はなく、「押す」というよりは「刷る」に近い感覚。上から通常のインキで印刷することでカラーメタリックにしたり、箔でグラデーションを作る、疑似エンボスと組み合わせるなど、これまでの箔押しでは難しかった新しい表現ができる。また、どれだけ広い面積で使用してもコストは変わらないため、全体をメタリックにするような贅沢な使い方も可能だ。印刷機にインラインで転写ユニットが付いているものならば、印刷と箔押しの工程を一度に加工できるのも魅力。

 ■箔でベタ面も網点表現もできる

index index
コールドフォイルは、インキを刷るのと同じ方法で「糊」を印刷してそこに箔を転写する方式のため、ベタ面はもちろん(左)、通常の印刷と同じように網点での階調表現ができる(右)。箔の定着を良くするため、網点の細かさは60~120線程度と目に見える程度の荒さ。光沢感もベタ面と網点の部分とで変化が出るため、異なる視覚効果を出すことができる
●写真:「PLOTTER vol. 2 」( 本ページの写真はすべて同)



 ■箔の上に色を重ねることが可能

index 印刷の順番は、まず最初に糊を印刷して箔を転写したのち、上からKCMYの順にインキを載せて、最後にニスで表面を保護する。箔の上から色を乗せることで、自由にカラーメタリックが表現できる。ただしあまり濃い色を乗せてしまうと、メタリック感がわかりにくくなってしまうので注意しよう



 ■細いラインを表現するのも得意

金属凸版でプレスする箔押しでは潰れてしまうような、非常に細かい部分の箔表現にも適している。0.1mmの線や8Qくらいの小ささの文字でも、ほぼ潰れることなく再現可能。印刷との見当合わせの精度もよいため、版ズレを心配せずにデザインができる index



 ■4C版とコールドフォイル版のデータを別々に用意

index index
データは印刷部分(左)とコールドフォイルの版(右)を分けて用意する。コールドフォイルに使うデータはグレースケールのみで作成。100%の部分は箔がベタで載り、グレーの部分は網点化される。箔の見え方は印刷する内容によってもケースバイケースなので、まずは本機校正でテストし、ブラッシュアップしよう



→ コールドフォイル印刷を行えるおもな印刷会社

●みかんの樹 url. www.mikan-no-ki.com/

前へ1 |2|34次へ >



本記事は『MdN』2013年12月号(vol.236)からの転載です。

M236_cover

紙版はこちら

amazon.co.jpで買う 楽天で買う

電子版はこちら

Amazon Kindleで買う マガストアで買う
雑誌オンラインで買う


そのほかには下記のような記事が掲載されています。
(▼クリックすると画像が大きく表示されます)

特集のすべての記事は誌面でお読みになれます。
月刊『MdN』掲載記事号の情報はこちら!

■そのほかの月刊『MdN』からの転載記事
新しいイラストシーンを作ったイラストレーターたち」(『MdN』2013年11月号より)
マンガのタイトルデザインの考え方」(『MdN』2013年10月号より)
マンガとアニメのグラフィックデザイン」(『MdN』2013年9月号より)
フォトディレクションがうまくいく方法」(『MdN』2013年8月号より)
WEBデザイン&電子書籍の新常識」(『MdN』2013年7月号より)
人物イラストレーションを思いのままに描く」(『MdN』2013年6月号より)



twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS