ラベルテープ風のレトロポップなパーツ | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

[完全保存版]定番ヲ極メルモノデザインヲ制ス
必修科目のデザイン表現72


ラベルテープ風のレトロポップなパーツ



制作・文 高野 徹[lolo66] url www.lolo66.com/ 使用ソフト Photoshop CS3

【表現のポイント】ラベルライターで打刻したテープのような表現。これは、レイヤースタイルで文字に立体感をつけて作成している。テープの端は、なげなわツールを利用してアナログ風に演出した。


1-1
P059_01_01

1-2
P059_01_02

1

まずPhotoshopで新規ファイルを[幅:80mm]、[高さ:20mm]、[解像度:350pixel/inch]で作成。長方形ツールを選び、ツールオプションバーで[塗りつぶした領域を作成]に設定したら、ツールパネルの描画色を[K:90%]に設定して新規レイヤーを作成し、75×12mmの長方形を描く 1-1 。次に文字ツールを選んだあと、テキストカラーを白に変更して文字列を入力する 1-2


2-1(▼クリックで拡大)
P059_02_01

2

次に、文字レイヤーのレイヤースタイルダイアログを開き、[光彩(外側)]を 2-1 の設定で適用。その際、[光彩のカラー]は白に変更しておくのがポイント。続いて[ベベルとエンボス]を[スタイル:エンボス]、[深さ:900%]、[サイズ:2px]、[ソフト:4px]、[角度:120°]、ハイライトの[不透明度]を100%、シャドウの[不透明度]を50%に変更して適用する。


3-1(▼クリックで拡大)
P059_03_01

3-2
P059_03_02

3

ベースの長方形レイヤーのレイヤースタイルダイアログを開き、[ドロップシャドウ]を初期値で適用。さらに[光彩(内側)]を 3-1 のように設定したら、[グラデーションオーバーレイ]を[描画モード:スクリーン]、[不透明度:25%]、[スタイル:円形]、[比率:150%]に変更し、[逆方向]にチェックして適用。あとは長方形の端を、なげなわツールでラフに囲んで選択範囲を作成し、deleteキーを押して消去すれば完成 3-2



>>>「必修科目のデザイン表現72」トップ
>>>ロープでできたようなウエスタン風ロゴ
>>>ラベルテープ風のレトロポップなパーツ

本記事は『MdN』2011年7月号(vol.207)からの転載です。
『MdN』2011年7月号(vol.207)表紙

楽天ブックスで買う
amazon.co.jpで買う

そのほかには下記のような記事が掲載されています。
(▼クリックすると画像が大きく表示されます)

022-023 028-029
040-041 066-067

特集のすべての記事は誌面でお読みになれます。
月刊『MdN』掲載記事号の情報はこちら!

■そのほかの月刊『MdN』からの転載記事
頼れるデザイナーの頼れる技40(『MdN』2011年6月号より)
デザイン・ワークショップ!(『MdN』2011年5月号より)
プロでも見落としがちなデザインの死角(『MdN』2011年4月号より)
Photoshopで写真をクリエイティブに操る(『MdN』2011年3月号より)
デザインを形にする取っかかりの技(『MdN』2011年2月号より)
ガーリー☆デザインのおしゃれレシピ(『MdN』2011年1月号より)
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

MdN 最新刊

MdN BOOKS|デザインの本

週間アクセスランキング

3.11-3.17