乃木坂46 運営委員会委員長 今野義雄インタビュー | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

現場主義で乃木坂46というプロジェクトを育てる
乃木坂46 運営委員会委員長
今野義雄インタビュー





伊藤万理華 5thシングル個人PV予告編「1カット!」

─― 伊藤万理華さんの個人PVでは、「セブンのティーン」の歌で親しまれた「1カット!」(監督:福島真希)も高い評価を得ました。こうした手応えは事前に想像できるものですか?

うん、実はその前作で万理華を福島さんに撮っていただいた時、とにかく愛情を感じたんですよね。それで、このチームに引き続き万理華をやってもらいたいと思って。普通は同じメンバーに同じ監督で繰り返しっていうのはやらないんですけど。その結果、「セブンのティーン」が生まれましたね。だから、愛情を感じるって大事なことで。「どうしてもこの子で撮りたい。なぜならこうだから」っていうのがあると、やってもらいましょうって僕は思うので。思いが強いほうが、驚くようなものができてくる。

─― 個人PVというコンテンツはこの先も定番になるのでしょうか?

うーん……秋元先生は予定調和になって「これをやることは決まってます」と流れ作業になるのを一番嫌うんですよね。でも、いつの間にか個人PVが乃木坂のカルチャーみたいになってきています。やっぱり長くやっていくべきだっていうのもあるし、予定調和になってるのかもと悩むこともある。

─― アイデアも同じものだけではいけないと。

だから例えば、前回の個人PVで生田絵梨花と松村沙友理でユニットを組みましたけど、あれは生田と松村からのアイデアなんです。子供向けの「おべんとうばこのうた」みたいな歌を二人でやりたいという話があって。料理が下手な二人でそれをやるのも面白いかなと思ってやってみたのが「からあげ姉妹」。あれが思った以上に面白かったんで、今回の「命は美しい」に収録の個人PVはペアでやってみようということにしました。例えば、生駒里奈と伊藤万理華。これは裏テーマは、選抜の顔とアンダーの顔の戦い。しかも、二人は同級生でもある。これを一本作ったら面白いものができるだろうなと思って、高橋栄樹監督に作ってもらった。さすが高橋さん、二人を双子っていう設定にしたんですよね。

松村沙友理 10thシングル個人PV予告編「からあげ姉妹(Ⅰ)」

生田絵梨花 10thシングル個人PV予告編「からあげ姉妹(Ⅱ)」

─― それにしても、メンバー全員分のPVというのは、スケジュール等を考えてもふつうは非現実的なアイデアのようにも思えます。

うん。でも、なんだろうな……クリエイティブの現場で誰かが異常なことを言い出すようなそのパワーって、とても宝物のような気がしてるんです。秋元先生から全員の個人PVをっていうオーダーがきた時に「しめしめ」と思った(笑)。反対する人はたくさんいるだろうけど「しょうがないじゃん、先生がやろうって言ってるんだから!」ってお墨付きもらってるから暴れられる(笑)。超わくわくしちゃったっていうか、これはありがたいぞ!と。普通は稟議を重ねていく内に上で潰されちゃうもんでしょ。でも、ここには秋元さんっていう人がいる。だから、秋元さんの周りのクリエイティブの世界って狂気に満ちてるけど、刺激的なんですよね。

─― 反対する声というのはやはり多い?

やっぱり今、クリエイティブの現場がシステマチックになっている。以前は、テレビ、映画、音楽、出版、いろんな世界に良くも悪くも狂気に満ちた情熱とこだわりを持った異常な制作マンがいっぱいいたんです。時代の流れもあってだんだん、チームで合議制でとなるとサラリーマン化されてくる。制作担当者のやってる主な仕事が、制作ではなく制作進行になってしまうことが多くなってる。そうじゃないだろと。やっぱり制作マンは制作の中心にいないとものは絶対作れないはずなんです。

─― MVの制作も、監督の自由度が高くなるように任せているとうかがいました。

基本的には監督に委ねています。最初に秋元先生との打ち合わせで大きい指針が出て、監督さんもそれでOKってなったら、僕ともう一人、ビジュアルノーツの金森(孝宏)さんと二人でクリエイティブの大枠を作ります。乃木坂の映像周りは金森さんがやっています。

─― 大枠はどのような方針で作るのですか?

ある程度は監督さんからの自由なクリエイティブをもとにします。どうしても問題が生じる部分のチェックはしますけど、基本的には監督さんが100%、力を発揮してもらうためにはどうしたらいいかということですね。その時その時に、メンバーの誰にスポットライトを当てたいかっていうのはありますが。撮影現場は、僕もほぼ全部行ってますんで、当然監督さんとのコミュニケーションはありますしね。

乃木坂46 6thシングル「ガールズルール」のミュージックビデオ

─― 監督自身の自由なクリエイティブで動けるぶん、調整には苦労もありそうですが、実際のところいかがでしょうか?

これはメンバーも偉いなと思うんだけど、柳沢監督とかは撮るのにすごい時間かかるんですよ。でもメンバーの西野(七瀬)が言っていたのは「時間がかかるせいでこのシーンが全部カットになるくらいだったら、どれだけ時間がかかってもいいから、できれば全部撮ってほしい」と。そこは作品に対する信頼感もあるし、とにかくいいものを作りたいという気持ちですよね。
つい先日、長野県の上田市にアンダーメンバーのMV撮影に行ってたんです。この極寒の中、河原で春の制服で踊るわけですから、もう異常なくらい寒いわけですよ。今回、アンダー曲でセンターを務めるのは中元日芽香。まあ見事に集中力が切れなくて。街中のシーンとかも前日から行って朝から撮ってたんです。普通だったら、長時間だし極寒ですから、途中で気持ちが切れるかなって思うんだけど、画面を通してもまるで寒さを感じさせない。「中元、集中力すごいな」って言ったら、「今までは全然MVに映れなかった。今回、主演でやるわけだから絶対にいいものを作りたい」と。その覚悟が彼女を何倍にも輝かせてる。体力的にも限界にきてる状況なのに。

─― そうした中元さんの頑張りも、常に現場にいないと見えないことですよね。

そう、そうなんです。いや、中元日芽香のファンにはぜひ見てほしい。これまでMVに少ししか映れなかった彼女が初めてのセンターです。このアンダーのセンターもまた、伊藤万理華とかが選抜メンバーに選ばれて、今度はセンターが中元になったので、この二人の間にも話し合いがあるわけですよ。「託すよ」「全然心配しないで」という。それがあるから、中元は絶対に辛いなんて言えないんですよね。そこに物語の深みを感じ取っていただいて、クリエイターにまたいいものを作っていただく。

─― ファンもそれを感じ取りますからね。

そこはとてもありがたくて。作ってる側からすると、冥利に尽きますよね。よくぞここまで見てくれるなって。これがやっぱり、アーティストとファンの関係の理想の姿ですよね。そうやって感じ取ってくれるファンの皆さんがいるから、いいものを作ろうっていう意識になるし、しんどくても絶対に手を抜けない。

今野氏 [こんの・よしお]乃木坂46運営委員長。ソニー・ミュージックレコーズに所属。さまざまなアーティストを手掛け、2011年からAKB48の公式ライバルとして誕生した乃木坂46の責任者として、あらゆるクリエイティブにたずさわっている。写真は「命は美しい」ジャケット撮影現場の今野さん。この日はアートディレクターの柳川敬介さんとともに終日撮影に立ち会っていた。


※続きは2015年4月号の特集「乃木坂46 歌と魂を視覚化する物語」に掲載されている記事をお読みください。


前へ1|2




本記事は『MdN』2015年4月号(vol.252)の特集「乃木坂46 歌と魂を視覚化する物語」からの転載です。


M252_cover

紙版はこちら

amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

電子版はこちら

Amazon Kindleで買う マガストアで買う
雑誌オンラインで買う Newsstandで買う
楽天koboで買う

特集のすべての記事は誌面でお読みになれます。
月刊『MdN』掲載記事号の情報はこちら!

■そのほかの月刊『MdN』からの転載記事
田島照久「機動警察パトレイバー the Movie」アニメ文化のデザインを変革した人
(『MdN』2014年8月号より)
人気キャラ、そのデザインの秘密」(『MdN』2014年6月号より)
キルラキルの文字演出」(『MdN』2014年4月号より)
少女漫画のデザインに革命が起きていた。」(『MdN』2013年3月号より)
WEBのトレンド&ノウハウ」(『MdN』2014年2月号より)


twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

アクセスランキング

9.10-9.16

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在