[TROUBLE 76] 膨大なページのリンクの修正で頻繁にミスが起こる | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

[TROUBLE 76] 膨大なページのリンクの修正で頻繁にミスが起こる

2019.3.23 SAT

日々のデザイン現場で発生する問題・難題を解決します!

WEB制作トラブル速戦即決術! 第14回


[TROUBLE 76]
Webトラブル
膨大なページのリンクの修正で
頻繁にミスが起こる

文=沖塩慶悟((有)ムーニーワークス)

A. ライブラリ化で修正漏れや記述ミスをなくす

ポータルサイトやECサイトなど膨大なページのリンクの修正を行う場合、手作業で行うとミスが起きてしまいがちになる。そういった場合はライブラリ化で修正漏れや記述ミスを防ぐといい。ここではDreamweaverを使って簡単で正確にリンク修正を行える解決方法を紹介する。今後、ナビはこのlbiファイルを編集&保存することで、ライブラリを挿入した全HTMLファイルを一括自動更新してくれる。

ファイルメニュー→
ファイルメニュー→"アセット"を選択し、本のアイコンをクリックする。ここから新規ライブラリを作成し、そこへグローバルナビゲーション等、各ページ共通の要素を記述する。すでにベースのHTMLを構築しているなら、任意の部分の開始タグから終了タグを選択し、アセットタブの本のアイコンを押して、下の「+」アイコンの新規ライブラリ項目を選択しよう

作成したライブラリを他のページへ適応させる場合は、挿入したい個所を選択しておいて、アセットのライブラリ項目から、任意のライブラリを選択し挿入ボタンを押す。コードビューで背景が黄色い部分がライブラリの範囲だ
作成したライブラリを他のページへ適応させる場合は、挿入したい個所を選択しておいて、アセットのライブラリ項目から、任意のライブラリを選択し挿入ボタンを押す。コードビューで背景が黄色い部分がライブラリの範囲だ

各共通ページにライブラリを適応したら、修正はベースのライブラリに行う。保存し更新してしまえば異なる階層でもリンクの誤り・修正漏れが起きずに修正ができる。このベースのライブラリlbiファイルをサーバへアップする必要はない
各共通ページにライブラリを適応したら、修正はベースのライブラリに行う。保存し更新してしまえば異なる階層でもリンクの誤り・修正漏れが起きずに修正ができる。このベースのライブラリlbiファイルをサーバへアップする必要はない

[INDEX]
>>> [TROUBLE 73] HTMLファイルを圧縮するとスクリプトが実行されない
>>> [TROUBLE 74] 縦長のページがスクロールバー分だけ左にずれてしまう
>>> [TROUBLE 75] プレゼンテーションの時間がオーバーしてしまう
>>> [TROUBLE 76] 膨大なページのリンクの修正で頻繁にミスが起こる
>>> [TROUBLE 77] 「〜暗黙で型変換されています」とうエラーでコンパイルできない



『web creators』の情報はこちら!>>>

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

MdN 最新刊

MdN BOOKS|デザインの本

週間アクセスランキング

3.11-3.17