アニメ制作現場の“モノづくり-目次 | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

【アニメ新連載】

日本アニメ(ーター)見本市から読み解く

アニメ制作現場の“モノづくり”


日本アニメ(ーター)見本市さまざまなクリエイター陣がジャンル不問で短編アニメを制作し、毎週金曜日に1本ずつ公開していく「日本アニメ(ーター)見本市」。これまで公開された映像作品には話題を呼んだ作品が多く、その注目も高まるばかり。決められた予算と時間の中で短編作品を自由に創作するアニメ業界の新たな試みは、まさに若い才能にとっての"挑戦の場"となっている。そこで本連載では「日本アニメ(ーター)見本市」で公開する作品の中から、監督、作画監督、美術監督といった制作に携わるトップクリエイターたちに作品の見どころやポイントについて伺う。作り手だからこそ語れる“濃密”な世界が描かれた作品の背景に迫っていく。

■CONTENTS

第1回

「イヴの時間」の吉浦康裕監督が放つ、渾身のアニメ特撮!

第1回「POWER PLANT No.33」
制作:トリガー/監督:吉浦 康裕
第2回

自分が作ったものに裏切られる。クリエイターの深すぎる内面世界

第2回「Kanón」
監督:前田 真宏/演出:吉崎 響
第3回

「ジョジョ」の神風動画と須田剛一が挑む!
違和感が面白い、ツギハギだらけのアニメーション

第3回「月影のトキオ」 アニメ監督:水野貴信/シナリオ:須田剛一
第4回

『エヴァ』メカニックデザイナーの山下いくと監督が贈る
ロードムービーのようなSFアニメ!

第4回「偶像戦域」 漫画家/メカニックデザイナー・山下 いくと
第5回 第5回は9月中旬公開予定

【告知】
日本アニメ(―ター)見本市のサードシーズンが本日7月31日(金)より開始。

こちらもお見逃しなく!!



日本アニメ(ーター)見本市

【日本アニメ(ーター)見本市とは】
「日本アニメ(ーター)見本市」は、『新世紀エヴァンゲリオン』などで知られる庵野秀明監督が代表を務める「スタジオカラー」とニコニコ動画を運営する「ドワンゴ」がタッグを組んで贈る、実験的短編アニメーションの制作プロジェクト。若い才能に"挑戦の場"を提供するべく立案されたもので、ほぼ毎週Web上で、錚々たるクリエイターたちが独創性あふれる映像作品を制作し1話ずつ公開している。作品は公式サイトおよび公式スマートフォンアプリにて無料で視聴可能だ。
●日本アニメ(ーター)見本市:http://animatorexpo.com/

●Twitter:https://twitter.com/animatorexpo

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

アクセスランキング

5.18-5.24

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在