どことなくてんとう虫っぽい?持ち運びに最適なコンパクトBluetoothマウス | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

どことなくてんとう虫っぽい?持ち運びに最適なコンパクトBluetoothマウス

2019.7.17 WED

ITライター・山口真弘の気になるグッズラボ 
どことなくてんとう虫っぽい?持ち運びに最適なコンパクトBluetoothマウス~サンワサプライ「400-MA098R」レビュー
2019年07月02日
TEXT:山口真弘(ITライター)

複数のPCがある環境でひとつ持っておくと便利なのが、携帯が可能な小型マウスです。出張や旅行先に持ち出せて重宝するだけでなく、ふだん利用しているマウスに何らかのトラブルがあった時にも、すぐに代用として使えるメリットがあります。

こうした、携帯を前提としたコンパクトなマウスは、マウスメーカー各社のラインナップのうち必ずひとつは存在していますが、今回紹介するサンワサプライの「400-MA098R」は、ボディをスライドさせてコンパクトにできる機構を備えた、ユニークなBluetoothマウスです。
本体後部を形成している赤い部分を前方にスライドさせると……

本体後部を形成している赤い部分を前方にスライドさせると……

このようにコンパクトになります。どことなくてんとう虫っぽい?

このようにコンパクトになります。どことなくてんとう虫っぽい?

赤い部分がマウスの形状を形成しています。側面は空いていても気になりません

赤い部分がマウスの形状を形成しています。側面は空いていても気になりません

カバーはレールに沿って(直線的にではなく)カーブしつつスライドします

カバーはレールに沿って(直線的にではなく)カーブしつつスライドします

本製品は、マウス後部を形成しているパーツを前方に向かってスライドさせることで、マウスのボタンおよびホイールを上から覆う格好になり、ボディの体積を減らせるのが特徴です。

メーカーサイトによると、全長11cmが8cmになるとのことで、割合としては2割ちょっと減るだけなのですが、スライドするギミックのせいか、体感的には半分近くまで縮む印象です。

収納および持ち運びを前提にした、変形機構を備えたマウスはいくつもありますが、収まりやすい形状になるだけで体積自体はさほど変わらなかったり、強度面に問題があったり、あるいはマウスとしての形状に無理があって操作性がいまいちなこともしばしばです。

その点、本製品は、本体をレールに沿ってスライドさせる仕組みで、強度も今回試した限りではしっかりしています。握った時の感触も一般的なマウスほぼそのままで、操作時の違和感も少なめです。また収納状態では、マウス全体をガードする格好になるので、ボタンやホイールを痛める心配がないのも利点です。
全長は約11cm。通常時のサイズは一般的なマウスとそう変わりません

全長は約11cm。通常時のサイズは一般的なマウスとそう変わりません

収納した状態では全長8cmと、手のひらにすっぽり収まる大きさになります

収納した状態では全長8cmと、手のひらにすっぽり収まる大きさになります

マウスとしては、ホイールを搭載したいわゆる3ボタンマウスで、それほど特徴めいたものはないのですが、左右対称のデザインでどちらの手でも使えることに加えて、WindowsとMac OS、さらにはAndroidと幅広く利用できるため、いざという時のための1台としては最適です。

少々残念なのは、ボディのスライド機構と、マウス本体の電源のオン・オフが連動しておらず、底面の電源スイッチの操作は手動で行わなくてはならないことです。ここがもうひと工夫あれば、さらに使いやすくなったでしょうが、通常価格で2千円台、実売だと千円台の製品ということで、あまり多くを求めるのは酷でしょう。

ちなみに本製品が苦手な使い方を敢えて挙げるならば、布団の上やズボンの膝の上など、布の上での利用です。というのも、本製品を布の上で使おうとすると、本体の後端、カバーの端がひっかかることがあるからです。なるべくフラットな場所を選んで使うのが、快適に利用するコツと言えます。
ホイールは回しやすい幅広タイプ。チルト操作には対応しません

ホイールは回しやすい幅広タイプ。チルト操作には対応しません

単4電池×2本で駆動できます。充電式に比べ非常時に便利な仕様です

単4電池×2本で駆動できます。充電式に比べ非常時に便利な仕様です

電源は手動でオフにする必要があります。センサ穴が左寄りなのは若干マイナス

電源は手動でオフにする必要があります。センサ穴が左寄りなのは若干マイナス

後ろの端がややひっかかりやすいため布の上での操作はあまり向いていません

後ろの端がややひっかかりやすいため布の上での操作はあまり向いていません

以上のように、バッグの中にひとつ放り込んでおいて邪魔にならないのは大きなメリットですし、いざという時のために、自宅やオフィスに備えておくには格好の製品と言えます。電池式というのも、急に必要になった時に、充電を待たず電池の交換だけで使えるメリットがあります。

ちなみに今回紹介しているのはレッドで、ほかのカラーバリエーションとしてはブラックがあります。レッドはなかなか精悍なカラーリングなのですが、さまざまなPCと組み合わせて使うのであれば、ブラックのほうがよいかもしれません。
製品名:400-MA098R
実売価格:1,240円
発売元:サンワサプライ
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07D7LDNWG/
[筆者プロフィール]
山口 真弘(やまぐち まさひろ)
ITライター。PC周辺機器メーカーやユーザビリティコンサルタントを経て現職。各種レビュー・ハウツー記事をWEBや雑誌に執筆。最近は専門であるPC周辺機器・アクセサリに加え電子書籍、スマートスピーカーが主な守備範囲。著書に『ScanSnap仕事便利帳』(ソフトバンククリエイティブ)『PDF+Acrobat ビジネス文書活用[ビジテク] 』(翔泳社)など。Twitter:@kizuki_jpn
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

アクセスランキング

7.1-7.7

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在