日曜。音楽スタジオへ。 | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

1年生デザイナーの1週間

1年生になったら~ 1年生になったら~♪ ということで、デザイナーという職業に憧れる読者のみなさんに先駆けて、一足早くデザイナーになった先輩デザイナーの1週間を追いかけるのが、このコーナーです。夢を現実にした新人デザイナーの仕事と生活ぶりは実際どのような感じなのでしょうか? 毎月第3週に、その曜日の出来事を毎日更新でお届けします!



今月の1年生デザイナー

稲留駿介さん(リブセンス)

inadomesan

〔プロフィール〕
いなどめ・しゅんすけ●東京都出身の24歳。もともとゲームが好きだったため、高校を卒業するにあたり、ゲーム学部のある専門学校への進学に興味を持つようになる。それと同時に、同じ専門学校でIT学部のWeb開発コースがあるのを知り、最終的にはIT学部を選択、HAL東京の4年制コースへの進学を果たす。専門学校に入学するまでは特にWeb制作に関心がなかった稲留さんだが、入学直後から徐々にWebへの興味を深めるようになっていく。周囲の勉強熱心な仲間の影響もあり、デザインだけでなくWeb開発のさまざまなノウハウを、学校の授業はもちろん、放課後の自主的な勉強会などに参加しながら身につけてきた。在学中、学校の課題とは別に個人で制作したWebサイトなどのデザインイメージをポートフォリオにまとめてWeb上で公開していたところ、興味を持ってくれた数社から声をかけてもらうように。いわゆる就職活動ではなく、ポートフォリオ経由で出会った人を通じて、最終的にリブセンスへの入社を決めた。入社して4ヶ月が過ぎた現在は、デザイナーとして、新規の自社メディアである家具のECサイト「kagūno(カグーノ)」をメインに、さまざまなデザインワークに携わる日々。今後の目標として「自分の世界観をさらに拡張し、実現していく力をさらに身につけていきたい」と語る稲留さんの一週間をお送りします!


リブセンスとは?

2006年設立のインターネットサービス会社。社長の村上太一氏が大学1年生の時に、成功報酬型のアルバイト求人情報サイト「ジョブセンス」を立ち上げる。これまでにないビジネスモデルの特長から順調に利用者を増やし、2011年12月には東証マザーズに上場、2012年10月には東証一部へ指定替えした。村上氏が史上最年少上場記録を塗り替えたことでも話題となる。「ジョブセンス」のほか、正社員転職サイト「ジョブセンスリンク」、派遣求人サイト「ジョブセンス派遣」、転職クチコミサイト「転職会議」などを運営。さらに、不動産賃貸サイト「door賃貸」(http://chintai.door.ac/)、ビジネス比較・発注サイト「imitsu(アイミツ)」、家具・インテリアサイト「kaguno(カグーノ)」など、新たなサービスの開発にも積極的。サイトの企画・デザイン・システム開発運用・マーケティングなどを全て内製化し、ユーザビリティの高いサービス開発をモットーにしている。

http://www.livesense.co.jp/



日曜。音楽スタジオへ。



10:00 起床

今朝はランチパックを食べました。基本、朝食はパンか、カロリーメイトです。




13:00 音楽スタジオへ

今日は、高校時代の友人とスタジオに入りました。バンド自体は組んではいませんが、音楽が好きだというのもあり、働き始めてもこうやって音楽仲間でたまに集まります。自分はエレキギター担当です。今日は一日中、スタジオにこもっていました。




18:00 飲み会へ

スタジオでの演奏を終えて、友人とそのまま飲み会へ突入。みんなで仕事の話などをしながら、ざっくばらんに盛り上がりました。




22:00 帰宅→来週の準備など

帰宅後は、もちろん好きなこと(ゲームをしたり、音楽を聴いたり)するのですが、今日はこのMdNの記事を書いたり、明日のスケジュールの確認を行ったりするなど、会社員として働き始めると、自然としなければならないことが身につくようになりました。当たり前のことですが、明日行うことを前日に整理しておくと、動きやすいですよね。こういったことは必ず行うようにしています。




26:00 就寝




twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

MdN 最新刊

MdN BOOKS|デザインの本

週間アクセスランキング

3.11-3.17