グラデーションメッシュで透明なシャボン玉 - Illustratorテクニカル・ワークス | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

グラデーションメッシュで透明なシャボン玉 - Illustratorテクニカル・ワークス

2019.2.24 SUN


いますぐ使える技を身につけよう Illustrator テクニカル・ワークス

第6回
TECHNIQUE 2
 グラデーションメッシュを活用して
 透明感のあるシャボン玉を作成

グラデーションメッシュを活用して透明感のあるシャボン玉を作成

 押さえておきたい機能とテクニック 
描画モードを変えてオブジェクトを重ね背景が透ける球をつくる
シャボン玉をモチーフとした透明感のあるパーツを作成する。ここでは、グラデーションメッシュを使って、黒い球体とカラフルに配色した球体をつくり、それぞれ[描画モード]を変えて、重ねることでシャボン玉を表現した。

 制作・文  高野 徹(lolo66)
 url  http://www.lolo66.com/
 使用ソフト  Illustrator CS/CS2



STEP1 まず楕円形ツールで、shiftキーを押しながらドラッグして正円を作成。塗りを[C:100、M:100、Y:100、K:100]に設定する1-1。この円に対し、オブジェクトメニュー→“グラデーションメッシュを作成...”を[行数:3]、[列数:3]、[種類:フラット]で実行1-2。この円をコピー&ペーストで複製しておく。

1-1
 1-1 

1-2
 1-2 



STEP2複製元のオブジェクトを選び、ダイレクト選択ツールで中央左上のメッシュポイントを選択し、塗りを[C:10、M:10、Y:10、K:10]にする2-1。次に、右下部分の計7個のメッシュポイントを選択し、塗りを白に変更することで球体のような立体感を表現2-2。できあがった球体を選択し、透明パレットで[描画モード:スクリーン]に設定する。

2-1
 2-1 

2-2
 2-2 




STEP 3 STEP1で複製したオブジェクトを選択し、塗りを[C:0、M:100、Y:0、K:0]に設定3-1。さらにダイレクト選択ツールで、メッシュポイントとアンカーポイントを選択し、色を変更することで3-2のような複雑なグラデーションの球体をつくる。ここで、透明パレットで[描画モード:乗算]、[不透明度:20%]に設定する3-3

3-1
 3-1 

3-2
 3-2 

3-3
 3-3 



STEP 4できあがったふたつのオブジェクトを選択4-1。次に整列パレットで[水平方向中央に整列]と[垂直方向中央に整列]を順に適用し4-2、同じ位置にそろえる4-3。こうしてふたつの円を重ねてシャボン玉のベースを作成した。


4-1
 4-1 

4-2
 4-2 

4-2
 4-3 



STEP 5最後に、黄緑から水色に変化する円形グラデーションを施した正方形を作成して、ここにSTEP4で作成したオブジェクトを複製し、大きさを変えてランダムに配置すれば完成だ5-1。なお、上に重ねているグラデーションを設定した球体の[不透明度]の値を変えることで、5-2のように見え方が変わるのでいろいろと試してみてほしい。


5-1
 5-1 

5-2
 5-2 

5-3
 5-3 



MdN171表紙

本記事は『MdN』2008年7月号(vol.171)からの転載です。
特集のすべての記事は誌面でお読みになれます。

月刊『MdN』掲載記事号の情報はこちら
楽天ブックスで買う
amazon.co.jpで買うalt


twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

MdN 最新刊

MdN BOOKS|デザインの本

週間アクセスランキング

2.11-2.17