USB Type-C×2ポート、USB A×2ポートを搭載、どんなデバイスもお任せな充電器 | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

USB Type-C×2ポート、USB A×2ポートを搭載、どんなデバイスもお任せな充電器

2020.11.24 TUE

ITライター・山口真弘の気になるグッズラボ 
USB Type-C×2ポート、USB A×2ポートを搭載、どんなデバイスもお任せな充電器~Satechi「ST-MC2TCAM」レビュー
2020年06月16日
TEXT:山口真弘(ITライター)

近年普及しつつあるリバーシブル仕様のUSBコネクタ「USB Type-C」ですが、それらを充電するUSB充電器は、まだ従来のUSB Aポートが中心で、USB Type-Cポートを搭載した製品は決して多いとはいえません。

仮に搭載していてもほとんどが1ポート、あるいは2ポート止まりで、多くのデバイスをまとめて充電するには不向きなことが大半です。身の回りのデバイスをUSB Type-Cで統一しようものなら、かえって充電周りの効率が落ちてしまうこともしばしばです。

こうしたケースに対応する、複数のUSB Type-Cポートと、複数のUSB Aポートをまとめて搭載した充電器が、昨年頃からちらほらと見られるようになってきました。今回紹介するSatechiの「75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャー」もそのひとつです。
USB Aポート×2、USB Type-Cポート×2を搭載。縦横両置きに対応します

USB Aポート×2、USB Type-Cポート×2を搭載。縦横両置きに対応します

GaNを採用しないこともあり、CDと比較してもボディサイズはやや大柄です

GaNを採用しないこともあり、CDと比較してもボディサイズはやや大柄です

本製品はUSB A×2ポートに加えて、USB Type-Cを2ポートを備えています。これにより、USB Type-Cのデバイス2台を含む、合計4台のデバイスを、まとめて充電できるというわけです。

USB Type-Cの特徴の一つとして、ノートPCやディスプレイなどへの給電も可能な急速充電規格「USB PD(USB Power Delivery)」が利用できることが挙げられますが、本製品ももちろんこのUSB PDに対応しています。

2つあるUSB Type-Cポートのうち、ひとつが最大60W、もうひとつが最大18Wという仕様です。電力量からして、前者はタブレットやノートPC向け、後者はスマホ向けということになります。USB A×2ポートと併せて、身の回りのデバイスの充電を一手にまかなうには最適です。
USB Type-Cポートはそれぞれの上限「60W」「18W」が印字されています

USB Type-Cポートはそれぞれの上限「60W」「18W」が印字されています

一度に4台のデバイスを充電できます。発熱量がやや大きい点は要注意

一度に4台のデバイスを充電できます。発熱量がやや大きい点は要注意

ノートPCを充電中。青色のLEDが夜間にまぶしくないのは利点の一つです

ノートPCを充電中。青色のLEDが夜間にまぶしくないのは利点の一つです

スマホを充電中。こちらは18W側のポートに接続するのが一般的でしょう

スマホを充電中。こちらは18W側のポートに接続するのが一般的でしょう

こうした複数ポートを備える充電器では、別ポートにデバイスを接続すると給電能力が低下することがよくありますが、本製品はあらかじめ60W/18Wと分けられているため、相互に影響しないのが大きな利点です。ノートPCも、スマホも、それぞれ安心して充電できます。

また、隣に搭載されているUSB Aポートについても、ざっとチェックした限りでは、充電中にType-Cポートにデバイスを接続して最高速度で充電を始めても、Aポート側の充電がストップするといった症状はみられませんでした。

ただし4ポートを同時に使うなどした場合、本体が触れられないレベルで熱を帯びます。置き場所によっては、本体の下にあるデスク面などがダメージを食らいかねないほどで、電力面で問題なくとも、ここは気をつけたほうがよさそうです。
電源コネクタは俗に言うメガネタイプのため、長さが合わない場合は付属のケーブルを用いず、汎用のメガネケーブルと交換して使えるのも利点です

電源コネクタは俗に言うメガネタイプのため、長さが合わない場合は付属のケーブルを用いず、汎用のメガネケーブルと交換して使えるのも利点です

こうしたUSB Type-C搭載の充電器では、最近ガリウム(GaN)を採用した製品が増えつつあります。これらは熱の問題があまりなく、またボディを小型化できることが特徴です。

本製品はこのガリウムこそ採用しておらず、それゆえボディサイズはやや大きめですが、電源ケーブルに一般的なメガネケーブルを採用することで、配線の自由度が増しています。このサイズでコンセント直結だと、取り回しがしにくくなるのは明白で、よく考えられた設計だと言えます。

モデルチェンジが頻繁に行われるこの手のUSB充電器の中で、1年以上継続して販売されていることも、高い信頼性を示していると言えます。日本ではあまり馴染みのないメーカーですが、複数のUSB Type-Cポートを備えた充電器を探しているのであれば、候補に入れておきたい製品です。
製品名:Type-C 75W デュアル PD トラベルチャージャー(ST-MC2TCAM)
実売価格:7,548円
発売元:Satechi
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07M97XGNZ/
[筆者プロフィール]
山口 真弘(やまぐち まさひろ)
ITライター。PC周辺機器メーカーやユーザビリティコンサルタントを経て現職。各種レビュー・ハウツー記事をWEBや雑誌に執筆。最近は専門であるPC周辺機器・アクセサリに加え電子書籍、スマートスピーカーが主な守備範囲。著書に『ScanSnap仕事便利帳』(ソフトバンククリエイティブ)『PDF+Acrobat ビジネス文書活用[ビジテク] 』(翔泳社)など。Twitter:@kizuki_jpn
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

この連載のすべての記事

アクセスランキング

11.16-11.22

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在